京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

総合学習(ポートフォリオ)

「月影の教え」に基づいた総合学習(月影総合学習)を通して、「豊かな心」を育みます。
また、総合学習や英語学習において「ポートフォリオ評価票」をつくり、自らの学びを見つめます。

月影総合学習

本校では、「月影の教え」に基づき、「月影・共生」「月影・命」「月影・地球」「月影・夢」の四つの分野に大きくくくった総合学習を展開しています。

月影・共生(ともいき)
生活科や学級活動の時間を使い、全学年で一人一鉢の栽培活動に取り組んでいます。
児童会活動縦割り班活動で共生の心の活動を進めます。
月影・命
「月影・命」はグローバルな人権意識・異文化理解・平和・命の尊厳・健康といった「心の力」と「国際社会に生きる基盤になる力」を育みます。
各学年では、学級活動でグローバルな人権意識を育むべく、障害を持つ方への理解・差別の問題・平和の問題等学習します。6年生では下学年での積み上げをもとに沖縄戦を取り上げ、沖縄現地学習を盛り込んだ月影命「命こそ宝」を総合的な学習として実施しています。
月影・地球
地球上の環境問題・食糧問題等に、テーマを持ち学級全員で取り組みます。その成果は6月と11月の「学びと力の発表会」で発信されます。過去、3年生はゴミの問題、4年生は水資源の問題、5年生はエネルギーや食糧の問題に取り組みました。
また、全学年を通して食育にも取り組んでいます。
月影・夢
「自分たちでチャレンジできないかな・・・」という「夢の実現」に向けて行動する力を育みます。
PCの基本操作から始まる情報の学習(全学年)や「和太鼓奏にチャレンジ!」(6年生)が実践されています。

自身の学習の成果を見直す「ポートフォリオ評価票」

本校では、総合学習や英語学習を行う子供たちに「ポートフォリオ評価票」を配布しています。

これは、総合的な学習に取り組む中で身につく力を知り、成長した点や身につけた力を自分自身で見出すことによって、自己の力を育み伸ばすものです。

総合的な学習で身につく力(アイテム)として、このポートフォリオでは下記の10項目を挙げています。

(1)
「共生きの心のアイテム」(心の力)
(2)
「問題・課題アイテム」(問題発見力・課題設定力)
(3)
「計画アイテム」(計画力・企画力)
(4)
「調べ方アイテム」(情報収集スキル)
(5)
「コミュニケーションアイテム」(コミュニケーション力)
(6)
「仲間と協力アイテム」(チームワーク力)
(7)
「まとめ方アイテム」(編集力・整理スキル)
(8)
「創作アイテム」(発想力・表現の技能)
(9)
「発表アイテム」(発表・表現力)
(10)
「生かす・生き方作りアイテム」(生き方を考える力・生活実践力)

この中から、総合学習を通して自分についた力を選び、自分自身で評価します。

英語学習においては、各学年の目標と、「英語コミュニケーションアイテム」についての自己評価を行います。

京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.