京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

情報教育

パソコンの基本的な使い方からネットエチケットや情報モラルまで、6年間を通してしっかり学習します。

学習の中でもパソコンを活用します

1・2年生はパソコンの基本操作や図鑑の使い方を、3・4年生はキーボードへのローマ字入力やインターネット検索、ホームページの利用やデジタルカメラの操作などを学びます。5・6年生はインターネットのエチケットやマナー、情報モラルについて学習し、コンピューターリテラシーを広げ、学習の中でどんどんパソコンを活用していきます。

『わかる授業』を展開します

全教室にプロジェクタや拡大装置を設置。高速無線LAN環境を配備し、デジタル教材を配信するなど、様々な機材を導入することで、授業の効率化を実現し、「わかる授業」を展開します。

情報教育カリキュラム

1年生(5時間)

(1)「図鑑の使い方」
・図書室で、図鑑の場所を知り、調べたい花や虫を図鑑で探すことができる
(2)「はじめてのコンピュータ」
・コンピュータ室の約束を知る
・コンピュータの起動と終了(スイッチの場所)
・マウス操作(左クリック、ダブルクリック、ドラッグ)
・なかよくコンピュータを使う

2年生(5時間)

(1)「はじめましてコンピュータ」
・1学年の復習
(2)「調べて作ろう・おもちゃづくり」
・おもちゃをつくる場面において、その作り方や工夫点を「工作の本」や大人に聞いて調べる
・図書室の本の分類について知る
(3)「お絵かき入門」
・マウス操作の復習
・簡単なアイコンの理解と、目的とする操作の選択
・プリンタを使っての印刷
・ファイルサーバへの保存と呼び出し

3年生(10時間)

(1)「キーボードレッスン」
・キーボード配列を知り、A ~ Z のだいたいの位置を覚える
・キーボードに慣れ、タイピングができる(ローマ字入力)
・ファイルの保存(名前をつける)、呼び出し
(2)「情報の集め方」
・情報を得るために、どんな方法があるかを知り、状況に応じた方法で必要な情報を集められる
(3)「情報の伝え方」
・表やグラフで表すことで、よりわかりやすく伝えられることを知る
(4)「ホームページの利用」
・ブラウザを利用して、インターネットから情報を得ることができる
・インターネット検索の方法を知り、知りたい情報を得られる(yahoo キッズの利用)

4年生(10時間)

(1)「デジタルカメラを使おう」
・デジタルカメラの基本的な扱い方
・データの保存方法(データ管理ソフトの利用)
・写真の印刷方法
(2)「調査・報告の工夫」
・調べたデータをどのようにまとめるとよいかを知る(箇条書き、表)
・調べた事実と自分の感想を区別してまとめる
・分かり易く伝える工夫について知る(順序、目線、話すスピード等)
(3)「情報の選択・利用」(4時間)
・ホームページの情報の利用の仕方、危険性について知る
・必要な情報を選んで利用する
・効率の良い検索の方法を知る

5年生(10時間)

(1)「情報手段の適切な選択」
・メディア(情報伝達手段)の特徴(長所・短所)を知る
・メディアの特性をいかしてどんな時に利用すべきかがわかる
(2)「情報モラルⅠ」
・ホームページの仕組みとその匿名性、危険性について知る
・チャットや掲示板の危険性、個人情報の保護について知る
(3)「情報の編集」「CMの仕組み」
・CM の工夫、目的について知る
・ビデオや壁新聞でCM を作り、発信しよう
(関連:社会NHK 放送体験学習)

6年生(10時間)

(1)「情報モラルⅡ」
・E-メールの仕組みと、ウイルスの危険性について知る
・メールを利用するときのマナーとモラルについて考える
・ホームページ等の著作権への配慮を知る
(2)「プレゼンテーションの工夫」(4時間)
・自然環境について調べたことを、写真を取り込んだりしながら、パソコンを使って発表する
・パソコン操作によるプレゼンテーションの仕方を知る
(関連: 理科生き物のくらしと自然環境)
(3)「思い出写真CD アルバム作り」
・学習したことを利用して、自分の思い出写真CD アルバムを作る
京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.