京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

専科だより

主に図工・音楽・理科・英語の子どもたちの作品や発表の様子をお伝えします。

図工

2016年度≫
2015年度≫

音楽

2016年度≫
2015年度≫

英語

2016年度≫
2015年度≫

2015年度・英語《サマースクール①1年生2年生》

7月24日(金)、1年生、2年生を対象に《英語サマースクール》を実施しました。
米国出身でユーモアたっぷりのポール先生よりゲームの説明を受け、その内容を理解しながら楽しく取り組みました。

まず、1年生の様子です。
運動場で、増え鬼に似た[British Bulldogs] をしました。
ポール先生は、
“You can play American football!”
“Don’t give up so easily!”
など、たくさん英語の声かけや励ましをしていました。

2枚目は[Rolling the ball]をしている様子です。
みんなが円になり、友達の足の間にボールを通せたらポイントになります。
英語で「ボールを転がそう!、ブロックしよう!」等と言い合っていました。

3枚目は [Local Train]、電車ごっこです。
他にもいろんなゲームをしました。
「今日、楽しかった人?」と尋ねられて、手を挙げる1年生でした。
よかった、よかった!

***************************
次に、2年生の様子です。
まずはストレッチの体操!
そして、[British Bulldogs]!
漁師さんの「網を投げたぞ!」と同じ鬼ごっこ系の遊びで、ダイナミックに遊びました。
生き残った児童達は、“We won!”と言って喜んでいました。

これは、アメリカンドッジボール[American dodgeball]の試合をしているところです。
昼ドッジや放課後の【英語ASE】でも時折、実施します。
アメリカ・バージョンは、相手を当てるばかりでなく、相手のボールを受けても、“I caught it. You’re out!”と言って相手をアウトにできます。
日頃のドッジボール以上に、緊張感があります。
ドッジボールではたくさんの英語表現があるので、場面に応じて使いました。

他にも、いくつかの楽しいゲームや遊びをしました。
汗をいっぱいかき、英語をいっぱい聞いたり話したりしながら、いっぱい楽しめました。
「来年の夏も、またやろう!」


京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.