京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

遠足・旅行

沖縄総合学習、自然学習、学年遠足・全校遠足など、校外学習の記録です。
※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。

沖縄総合学習(6年生)

開催:1学期(6月)
6年生になると、沖縄の人から発信された「命こそ宝」のテーマのもと総合的学習が実施され、6月末に、二泊三日の沖縄現地学習に向かいます。


2016年度・沖縄総合学習

開催日:2016年6月22日~24日


琵琶湖自然教室(4年生)

開催:1学期(7月)
4年生は一泊二日で琵琶湖へ行き、カヌー(カヤック)活動に取り組みます。大自然の中、初めての宿泊活動で、集団行動の大切さを学びます。


2016年度・琵琶湖自然教室

開催日:2016年7月8日(金)~9日(土)


大江山自然教室(5年生)

開催:1学期(7月)
5年生は、二泊三日で大江山登山に挑戦です。キャンプファイヤー、鬼の交流博物館見学、鬼瓦制作、川遊びなど、自然の中でたくさんの事を学びます。


2016年度・大江山自然教室

開催日:2016年7月25日(月)~27日(水)


れんげ全校遠足

開催:2学期(10月)
年に一度、縦割り班で丸一日活動する日が、この『れんげ全校遠足』です。5・6年生を中心にこの日の行程を説明する全校集会を経て、当日を迎えます。


2016年度・全校遠足

開催日:2016年10月13日(木)

10月13日(木)は天気に恵まれました。万博公園に着き、高さ70mの太陽の塔が私達を出迎えてくれました。楽しみにしていたウォークラリーでは、子ども達は規律を守りながら楽しくグループ行動できました。各ポイントでは先生との会話を楽しみ問題に答えてパズルのピースをもらいました。6年生は俳句にも挑戦しました。自然観察学習館ではいろんな種類のドングリを知りました。もみじの滝ではザリガニやタニシを見つけたり、ひょうたん池では石渡りをしながら鯉を眺めたりしました。森の舞台では数人が巨大岩の上によじ登り雄叫びをあげていました。城壁のような春の泉では秘密基地になりそうな少し暗めのトンネルがあり冒険心をくすぐりました。花の丘では何千もの赤・白・ピンクの花を咲かせたコスモス達がみんなの心を和ませました。愛情たっぷりのお弁当で気分は最高!ウォークラリーの後は芝生の上で転がりあいっこをしたり、おにごっこをしたりして触れ合いの時間が持てました。


小関越え遠足(4年生)

開催:2学期(10月)
スタートは滋賀県坂本、三井寺の麓にある疏水の取水口です。そこから小関越えのハイキングルートを歩きます。
疏水沿いに出て、小学校まで歩いて戻る、約3時間のコースです。


2016年度・小関越え遠足

開催日:2016年10月27日(木)

『小関越え、琵琶湖疏水  みんな、頑張って歩きました…』

 27日(木)は、4年生の遠足『小関越え・琵琶湖疏水』でした。心配していた天候も、好天に恵まれ、さわやかな秋の遠足となりました。第一疏水と第二疏水の琵琶湖からの取り入れ口を見学してから『京都蹴上』をめざして歩きました。小関越えの途中にある『第一竪坑』は、レンガ造りの施設で、地上に出ている部分が大きな煙 突のように見えます。『第一竪坑』が見えた途端、みんなが『わー、大きい!』と、びっくりしていました。子どもたちは、これほど大きいものとは、予想していなかったようです。

 小関越えをすぎて、『第一トンネル』の京都側のトンネルの出口が見えるところに到着しました。改めて、この歩いてきたところを明治時代にほとんど手作業で掘り進めたことの『すごさ』を感じてくれたことでしょう。このトンネルを見たときに、改めて、『ここまで、このトンネルは手作業で掘ってきたんですね。』と、確認する子どもたちがいました。この後、四ノ宮付近の公園でお弁当を食べて休憩しました。ほとんどの子どもたちは、お弁当を食べ終わった後、『鬼ごっこ』をしていました。小関越えの峠道では、『疲 れた。』『足が痛いです。』と、言っていた子どもたちでしたが、まだまだ、力が残っているようでした。

 お昼のお弁当休憩を終了し、再び、『京都蹴上』をめざして歩きました。元気いっぱいの子どもたちも、『第2トンネル』『第3トンネル』『日本最初の鉄筋コンクリート』を見学し終えたあたりから、だんだん疲れが出てきたようです。『蹴上合流点』をめざして三条通りを歩いている時は、口数も少なくなり、みんなの列から遅れ気味の子どもたちも出てきました。

 『蹴上合流点』に到着すると、第一疏水と第二疏水の出口、インクラインを再現した台車、田辺朔朗像を見学後、南禅寺水路閣まで行きました。普段は、水路閣の上部に上がって、南から北に水が流れる様子を見ることができ るのですが、今回は『水路閣の補強工事中』で残念ながら見ることができませんでした。

 長時間歩く遠足のため、途中で体調を崩す子どもたちが出ないかと、心配していましたがみんな、頑張って元気に歩ききりました。


てくてく遠足(1年生)

開催:2学期(11月)
1年生だけの行事『てくてくえんそく』で、京都御苑に出かけます。
学校から御所までを、歩いて往復します。


2016年度・てくてく遠足

開催日:2012年1月1日(土)

11月22日火曜日。1年生は『てくてく遠足』に出かけました。 行き先は『京都御苑』。もちろん、学校から往復“てくてく歩く”遠足です。

夜中に降った雨のおかげで、木々が洗われたように光っています。まぶしい日差しの中、疎水べりを歩きます。シラサギやカモの横を…、疎水と鴨川が合流する『田辺小橋』を越え…、御所に着きました。

まずは『森のはくぶつかん』と名前が付いたビオトープ内を散策しました。 目的は、落ち葉拾い。 造形遊びに使う材料集めをしながら、秋見つけを楽しみました。 雨上がりのおかげか、あちこちにカタツムリを発見!……予想外のできごとでした。

背が高いメタセコイヤや、お醤油が焦げた香ばしい香りのカツラの木……。どんぐりも見つけることができました。

トンネルのように整えていただいた木々の中を通り抜けると、そこは『母と子の森』です。 松葉でおすもう遊びをしたり、切り株の年輪を見たり、大きな丸太に乗って遊んだり……、文教キッズだけの空間は、ラッキーでした!

『母と子の森』には、絵本や図鑑を自由に手に取れるおうちが設けられています。キノコの絵本や紙芝居に夢中のグループがいたかと思えば、秋見つけにどっぷりと集中している友達もいます。

全員で輪になって、お弁当をいただきました。日直さんの号令で、もちろん「食前の言葉」は忘れません。そのあと、学習院あとのエリアに移動し、見事な銀杏の前で集合写真を撮りました。黄色のじゅうたんや竜のような松の木を観賞して、学校に戻りました。


大文字山登山(2・3年生)

開催:3学期(3月)


2015年度・思い出耐寒登山

開催日:2016年2月18日(木)

2年3年で思い出・大文字山登山を行いました。お盆「五山送り火」のスタートをかざる大文字山。その火床の横にある階段を往来しました。春の陽気に恵まれ、暖かい日差しの中で無事登りきることができました。



≫年間行事一覧に戻る


年間行事予定に戻る 遠足・旅行 運動会・水泳 学びと力の発表会・作品鑑賞会 児童会三大集会 ウキウキウォーキング・知恩院修養合宿・ありがとう茶会 月かげバザー
京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.