京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

文教だより

学校からのお知らせや、学年ごとの活動についてお知らせします。

学年だより

2016年度≫
1年生
1年生「ありがとう茶会」
1年生「ハートタイムⅢ」
1年生「畳の上で…」
1年生「作品展・鑑賞会」
1年生「鑑賞会&礼法」
1年生「お店屋さんごっこ他」
1年生「手作りおもちゃ」
1年生3学期の始まりです!
1年生《ハートタイム》
1年生《6年生と大根引き》
1年生《造形遊び》
1年生《てくてく遠足》
1年生《おもちゃランド》
1年生《班長さんと大根たねまき》
1年生《今週のニュース2》
1年生《今週のニュース》
1年生《交通安全教室》
1年生《学校探検》
2年生
2年生《二十日大根、いただきます!》
2年生《おいしい!やきいも》
2年生《さつまいもの収穫》
2年生《ぼく・私の好きな漢字》
2年生《校外学習》
2年生《おもちゃランド》
2年生《みんなでつくるお楽しみ会》
2年生《学びと力の発表会Ⅰ-3》
2年生《学びと力の発表会Ⅰ-2》
2年生《学びと力の発表会Ⅰ-1》
2年生《さつまいもを育てよう!》
3年生
3年生「フランスの文化に触れて」
3年生《スクラム劇「三年とうげ」》
3年生《国際理解学習「チヂミ作り」》
3年生《韓国の文化に触れて》
4年生
4年生「スコットランドの文化に触れて」
4年生《盲導犬の学習》
4年生《小関越え遠足》
5年生
6年生
2015年度≫

2015年度・1年生《ハートタイムⅡ》

12月8日火曜日5校時。
2回目となる「ハートタイム」が開かれました。
今回のテーマは、お話を聞いた後で、心が“ほんわかあったか”くなるようなお話を準備して下さいました。
4つのエリアに分かれたブースに、子どもたちが出向き、読み聞かせをして下さるお母様方と対面して、ハートフルなお話の世界に招待していただく形で始まりました。
***** ***** *****


こちらは『しあわせのバケツ』『どうぞのいす』のブースです。
一冊目の『しあわせのバケツ』は、「誰かのバケツと、自分のバケツをいっぱいに」の気持ちで、周りの人に幸せな気持ちを届けられたらいいな……
そのことを、さりげなく知らせてくれるお話です。
もう一冊は、『どうぞのいす』。うさぎさんが作ってくれた“どうぞのいす”。
森の中を疲れて歩いてきたロバくんが、この椅子に荷物を置いて、少し離れた木陰でひと眠り。
その間に、ろばさんが置いていたどんぐりをもらったくまさんは、お礼にはちみつを、はちみつをもらったきつねさんは、かわりに焼きたてのパンを……
とりかえっこが続きます。やさしい心づかいが広がります。
***** ***** *****


ゆけ!ウチロボ』と『がまんのケーキ』のブースです。
一冊目の“ウチロボ”とは、友達になぐられた男の子の空想ロボ。
その友達に腹が立つのではなく、何も言い返せなかった自分に腹が立つぼく。
悔しい気持ちで押し入れに入り、空想ロボ“ウチロボ”を発進させます。
大迫力の絵のタッチに、子どもたちは引き込まれていました。
こちらは、『がまんのケーキ』。
かめぞうさんと、こいたろうさんは、目の前のケーキが食べたくって仕方ありません。
頭の中は、おいしいケーキがお口に入って…どんどん食べたい気持ちがふくらみます。
ところが、そばの貼り紙を読むと、ケロ子さんから「一緒に食べましょうね。」のメッセージを発見します。
ケーキが食べたいのを我慢するふたりの様子が、何ともほほえましいこと、ほほえましいこと。
***** ***** *****


ええことするのは ええもんや』のブース。
関西弁の語り口が耳にやさしいお話です。
夏の暑い日、電動車いすが動かなくて困っているおじさんの車いすを、押してあげたいと踏ん張るマナブくん。
女子達に“ええことしてるなあ”“ボランティアして、りっぱ”のひびきに、気分のいいマナブくん。
坂道で苦しくなりながら、「それって、ほめてほしいから、ボランティアしてんのか?」と自分に問いかけます。
汗が落ちて、もうあかん……と思った時、後ろから友達二人が手を貸してくれます。
おじさんの家に無事着いた時にいただいたお茶、ほんとにおいしそうでした。
***** ***** *****


最後は『やさしさとおもいやり』のブース。
ティラノサウルスが登場する宮西達也さん作のシリーズです。
今回のお話は、“赤い実の木”が語ってくれます。
地震がきて、赤い実の木だけが残り、その木の根元にしがみついたゴルゴサウルスとティラノサウルスが繰り広げる意外な仲間の物語が始まります。
最後は、とてつもなく大きな地震で“赤い実の木”が命を落としてしまいます。
離ればなれになっていた2頭のサウルスが再会した場所には、なんと“赤い実の木”から新しい命が芽生え、たくさんの子どもの木が生え広がっていました。
そして、一粒の赤い実が……

文教キッズの『人権月間』に合わせ、友達、周りで支えてくれる人、あったかい気持ち、大切なキーワードを1年キッズに届けてくださったようなひとときでした。
ハートタイムⅡに関わってくださった皆様、ありがとうございました。


京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.