京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

教育方針

校訓・目標など、文教小学校の教育方針についてです。

校訓

"やさしい人になってほしい"
明るく・正しく・仲よく

明るく・正しく・仲よく とは、『帰敬三宝 即ち 仏・法・僧の三宝に帰依すること』を平易に表現したもので、初代学園長 三枝樹正先生によって校訓と定められました。

・帰依仏 謙虚にして真理探究明るく
・帰依法 誠実にして精進努力正しく
・帰依僧 親切にして相互協同仲よく

学年の目標

1年すなおな心をもち 伸びようとする子(謙虚・探究・努力)
2年まじめな心をもち 友と励む子(誠実・努力・協同)
3年求める心をもち 話し合い協力する子(謙虚・探究・協同)
4年努力する心をもち 友と実践する子(誠実・努力・協同)
5年共生きの心をもち 友と行動する子(親切・協同・努力)
6年受け継ぐ心をもち 友と実践する子(謙虚・探究・親切・協同)

平成25年度 全校目標

1学期
【前期】人としての基本の行いを身につけよう

掃除・整理整頓・挨拶・一礼
返事、発言は「です・ます」・廊下は無言の右側歩行!

【後期】人としての基本の行いをひろげよう

明るい笑顔の挨拶と気持ちのよい返事!
「です・ます」のていねいな言葉づかい!
「こころはことば」温かい言葉づかい!
廊下は無言の右側歩行!と敬意の一礼!

2学期
【前期】心を合わせ力を合わせ、行事をつくりだそう

【後期】「一人一人かけがえのない命!」
    「傷ついていませんか?傷つけていませんか?」

3学期
【前期】人としての基本の行いを仕上げよう

掃除・整理整頓・挨拶・一礼
返事、発言は「です・ます」・廊下は無言の右側歩行!

【後期】おかげに気付き、『ありがとう』の心をあらわそう

『6年生ありがとう!』 『みんなありがとう!』

指導の重点

豊かな心
・生かされていることに気付き、いきとしいけるものに対して感謝の念を持ち、生命の尊さ、人間として生きることの素晴らしさを自覚する。
「人としての基本の行い」を身につけようと励む。
・自然を愛し、美しいものや崇高なものにひかれて求める心を持ち、尊重する。
謙虚な心で人と接し、自ずと敬意を持って、礼儀正しくする。
他を生かし自分も生かして共に向上しようとする心と行動力を持って、思いやりの心で人と交わり、相手の立場に立って人に親切にする。
丈夫な体
・少々の困苦にも耐えることのできる体力の向上と、健康の保持増進に努める。
・生涯を通じて、健康で安全な生活を送るための認識を深める。
確かな学力
向上心と学習態度を大切にし、学習への関心・意欲・態度を醸成する。(自由勉強・自由研究・復習・予習を奨励)
じっくり考えながら学習を進め、発展的な課題を自ら見つけ、意欲的に取り組み、課題を解決する力を培う。(探究的学習)
・各教科の基礎的基本的な内容を確実に習得することと併せ、各教科においてはテキストを解釈し熟考して意見を持ち、それを言語を介して表現する学習を積み、思考力・言語表現力を育む。
・学び方の技術を基礎・基本としてとらえ、ペア学習・グループ学習・討論・話し合い等の仕方や情報の集め方、調べ方、まとめ方を習得する。
広い視野と高い人権意識
・自然体験・ボランティアなどの社会体験・物作りや栽培などの生産体験を豊かにし、視野を広げ、おおらかな気持ちと、柔軟なものの見方や考え方ができるようになる。
・自国の文化や、外国の文化・人々の暮らしについて正しく理解し、国際的な感覚の持ち主となる基礎を培う。(グローバルな人権意識)
・自他の人格・人権を重んじ、人を差別せず、差別を許さない意識を高め、行動力を身につける。
京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.