京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

学校長レター

当校長による法話や講話、子どもたちへのメッセージを配信しています。

あいさつは こころのあくしゅ

ほとけさまの教えに、日常生活で努めなければならない「生活のあり方」が説かれています。以下も、それに含まれているみ教えです。

〈あいさつ〉
あいさつは心と心を結ぶきずなです。
あいさつは、ともに生かされていることに喜び、ともに祝福しあい、ともに今日のがんばりを支えあうことばです。「親しいなかにも、礼儀あり」ということわざがあるように、家庭のなかでもしっかりとした「ごあいさつ」をいたしましょう。世界中、どこの国でも人と人の出会いはあいさつで始まり、また、別れるときもあいさつで別れていきます。

〈整理・整頓〉
自分の持ち物は、自分で整理・整頓をしましょう。
子どもの手は大人の手とは違って小さくとてもかわいい手をしています。その両手で持てるものが、その子どもが整理・整頓できる量といわれています。
整理・整頓できる子どもは、これからの計画や明日の準備のできる子どもです。整理・整頓には、時間がかかります。子どもでは、時間がかかりすぎるのでという理由から、親がすべて代行すると子どもは育ちません。
子どもは整理や整頓をしながら、分類の仕方を身につけ、その力が「わかる学習」と「わからない学習」などを識別ができる力へと発展し、学習にも大きく影響していきます。

〈そうじ〉
そうじは、すればするほどよごれが見えてきます。
一方で、そうじはすればするほど心が美しくなっていきます。また、そうじをしたあと、美しくなったところを見て充実感を感じます。

〈和顔愛語〉
和顔と書いて「わげん」と読みます。明るく、ほほえみがあり、やさしい顔という意味です。愛語と書いて「あいご」と読みます。相手を思いやる心やさしい言葉という意味です。
あいさつは、ただ、ことばを交わすだけではなく、和顔愛語のあらわれです。和顔愛語のこころが、ほとけさまのこころです。


京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.