京都文教短期大学付属小学校

  • トップページ
  • 学校紹介
  • 本校の特色
  • 教育カリキュラム
  • 年間行事
  • 児童募集
  • アクセス

保護者専用ページ | いじめ防止基本方針 | 教員募集 | プライバシーポリシーについて | お問合せ

専科だより

主に図工・音楽・理科・英語の子どもたちの作品や発表の様子をお伝えします。

図工

2016年度≫
2015年度≫

音楽

2016年度≫
2015年度≫

英語

2016年度≫
2015年度≫

2015年度・音楽《5年生「合同音楽会」》

5年生は、6月27日(土)に京都コンサートホールで行われた京都私立小学校連合会の
【合同音楽会】に参加しました。
演奏曲目は、リコーダー二部合奏『風笛』(作曲:大島ミチル)と
二部合唱『地球星歌~笑顔のために~』(作詞・作曲ミマス)です。

数ヶ月前に色々なリコーダー曲を鑑賞して、全員に曲のリクエストを聞きました。
その中から「ゆったりした雰囲気の癒し系音楽」というテーマで『風笛』に決まりました。
メロディーの《ソプラノリコーダー》に加えて、副旋律に《アルトリコーダー》、
高い音の音色を安定させるために《ソプラニーノリコーダー》を使いました。

練習の様子をご紹介します。
《ソプラノリコーダー》担当は、反復練習の中で、指がスムーズに動くようになる部分もあれば、最後までリズムや音がそろわない部分もありました。
そして、最後の暗譜が最大の難関でした。
《アルトリコーダー》担当は、ソプラノリコーダーとはちがう運指に戸惑いながらも、休み時間に練習を重ね、音楽会までに八分音符の連続箇所も吹けるようになりました。
《ソプラニーノリコーダー》担当も、運指の違いに苦労しながら、徐々にきれいな音色で吹けるようになりました。
音楽会間近になると、ソプラノリコーダー担当の音を補助する人も出てきました。
難易度の高い曲に、途中で投げ出しそうになりながらも、練習を続ければ吹けるようになる、できるようになるということ。
音楽の学習とともに、内面の成長も感じました。

合唱は「副旋律の音をメロディーにつられずに歌うこと」が練習の大きな課題でした。
この曲が伝えるメッセージを感じながら、技術面では二部合唱の難しさも感じた練習となりました。
本番当日は、合唱の指揮者がとても上手くみんなをリードし、全員が心一つに歌うことができました。


京都文教短期大学付属小学校
〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町50|Tel. 075-752-1411|Fax. 075-771-4848

Copyright© Kyoto Bunkyo Jr.College Elementary School.All rights reserved.