文教タイムズ

学年だより2年

2/19月【たまごわりサッカー】

体育の時間。
大なわで体をほぐした後は『たまごわりサッカー』の準備です。

まずは、ドリブル競争を……
岡﨑先生がタイムを計っています。
速くゴールしたいけど……
混戦混戦……
グラウンド一周のゴールは遠い……

そして、『たまごわりサッカー』の始まりです。

試合時間は2分間。
その間に、コートまん中の“たまご”を割れば、1ポイントです。
審判係も交代で進みます。
守りも体を張って“たまご”を割られないように守ります。

すうっとたまごの間を通り抜けた時の爽快感、抜群のようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国語の時間に、難しい言葉調べを行いました。
『スーホの白い馬』から、19個の難語句を抜き出したので、チーム毎に担当を決め、5つの言葉を辞書で調べ合いました。
同じ言葉を2つのチームが担当しているので、国語ノートに説明を書き取る場面では、双方の意見を聞き合って、みんなが納得できる文章をまとめています。
☆「大いばり」は辞書に載っていなかったので、「いばる」で調べて「ものすごく」を付けました。
意味は「ものすごくえらそうな態度」です。☆
こんな感じで、クラスのみんなに報告してくれたチームがありました。
辞書の使い方も、上手になってきました。


TOPへ