文教タイムズ

学年だより2年

3/13火【色と色を出合わせる!】

今日の図工では、初めて自分の絵の具セットを使って、絵の具学習を行いました。
先週に、準備と片付けの手順を学んでいます。
今日は「やっと使える!」とワクワク度満点で1時間目を迎えました。
まずは・・・

用具の名前と、扱い方のおさらいをします。
みんな、画面に集中!
「ひっせ~ん(筆洗)!」と、この後長くおつきあいする道具の名前、ばっちりです。

さあ、いよいよ3原色の登場です。
先生は、
「パレットに、色と色を出合わせましょう!」とみんなに呼びかけて下さいました。
青と黄色から・・・赤と白で・・・
でも、今日は自分だけの色を作ることがめあて。
水の量や絵の具の量を組み合わせた、“色と色の出合い”タイムのスタートです!

パレットに絵の具を出す緊張感。
出合った色の喜び。
まぶしいオレンジに、深い紫色…
ワクワク度は最高潮です。
筆洗に入った水の色まで美しくて、感激~

みるみるうちに、500円玉サイズの自分色が完成していきます。
口々に「色の命名」が始まりました。
この濃い紫は、なんと『ゴースト色』。

各テーブルからも「さくら色~」「海の色~」「くらやみ色…」など、自分の色が続々誕生しました。
“色と色の出合い”だけでなく、“みんなと絵の具セットの出会い”も、すてきな時間でした。


TOPへ