文教タイムズ

学年だより2年

3/19月【お楽しみ会3】

学期末恒例の「お楽しみ会」を開きました。
1年生の1学期から手探りで始めたお楽しみ会も今回で、最終。
文教キッズ2年生が創る『お楽しみ会3』のもようをお届けします。

学級代表さんの始めの挨拶で、幕が開きます。
プログラムの1つ目は、議長団進行による「とくいわざ発表会」です。

なわとびに、リフティング、バスケのボール回しと、個人のスポーツ力を披露する出し物があれば…

組になっての一輪車乗りを見せてくれたグループもありました。また…

鍵盤ハーモニカやピアノの演奏を聴かせてくれました。

もちろん、マジックも常連です。
今回は、三人の友達が「おお~」と歓声が上がるマジックを紹介してくれました。

次のプログラムは、有志の実行委員による『みんなでゲーム』です。
簡単なルール、身近な道具を使ってできるゲームを二つ、進行してくれました。
「ゴロピカゲーム」と「フルーツバスケット」です。
「ゴロピカ」は、全校集会でイベント委員会さんが催してくれるゲームです。
すぐに盛り上がるルールを説明した後に、始めてくれました。
お馴染みの「フルーツバスケット」で、一気に体が熱くなりました。

3つ目のプログラムは『じゃんけん大会』。
3人組を作って、じゃんけんに勝ち残った人が、実行委員メンバーと対戦します。
このシーンは、最終の場面!
このあと、折り紙で折った手作りのお花を賞品として贈ってくれました。

最後のプログラムは、ドッジボールです。
実行委員のメンバーが、対戦相手をいろいろに変えて、3戦を組んでくれました。

しめくくりは、学級代表さんの挨拶です。

こうして、2年生最後の『お楽しみ会3』は終わりました。
2年キッズは、自分たちで創るクラス・学級活動の楽しみ方を少しでも理解してくれたことと思います。
自主自発の学級をめざして、3年生にステップアップしてほしいです。


TOPへ