文教タイムズ

学年だより2年

3/20火【あ~学年末~】

今週は、2年生最終週。
学年末らしい毎日です。
今日は、詩集づくりの仕上げをしました。

図書室でみんなの作品を1ページずつ綴じていきます。
2年生にとっては初めての仕事。
ワクワクドキドキの表情ですね。
しかし、いざやってみると…
「せんせい、思っていたよりかんた~ん!」と、余裕の反応。
オレンジ色の裏表紙まで無事にたどり着けば、OK!です。

担任の所へ行くと、表紙と「大人になったら・・・」の作文が待っています。
「将来の夢」を発表しているときの写真付き!
ていねいに、自分の名前を書いてゴールです。

あとは、製本テープを付けて完成です。
2年生の今、学年末の今が伝わる詩集に仕上がりました。
懇談会でアルバムと一緒にお渡しします!

そして、こちらは・・・

教室の後ろに1年間掲示していた誕生日カードです。
裏面にあの“モンゴル衣装”を身につけた記念写真を貼り、4年後の自分へメッセージを書く時間です。
4年後というのは、最高学年になって巣立って行く頃という意味です。
生活科の『明日へつなぐ』という学習の一環で、先ほどの詩集に付けた「大人になったら…」とあわせて、今度は、小学校最後の自分を考えてみようというものです。
どんなふうに成長していたい?と問いかけるようなメッセージを書こう!と呼びかけました。

「れんげ班のみんなに迷惑はかけなかった?」
「今も二重跳びができる?」と、ほほえましい問いかけを書き進めています。

たくさんの友達が、4年後の自分へのメッセージを紹介してくれました。

みんなの気持ちと体は、もう次のステップに動き始めています。
ザ・学年末です。


TOPへ