文教タイムズ

学年だより4年

10/25水【月影宗教の時間】

今日は宗教科の授業です。
昨日に続き「布施」の心、「思いやり」について考えを深めました。
「ぼくが白杖を持たれた方を、ただながめていたのはどうしてか?」
「どうして、一度わたって振り返ったのか?」
「ゆっくりと戻ったのは、どうして?」
「だれかが心を押してくれた声は、誰の、どんな声だったのか?」
「声をかけたとき、見送ったときの心情は?」……。
横断歩道で、白杖を持たれた方を見かけた主人公の「心」の変化を、自分の経験と重ね、それぞれ注意深く読み取りました。

【1㎡の広さって?】

算数科では、実際に新聞紙を使って「1㎡」の広さを体感!
1辺100㎝の正方形を作り、
「1㎡は机やロッカー何個分か」
「廊下の広さは何㎡か」などを確かめました。

その後、1㎡の新聞紙を使い「1㎡島サバイバル」ゲームを行いました。
じゃんけんに負けたら半分に(1/2)。
さらに負けるともう半分(1/4)…。
一番小さくなってしまったチームは1/32サイズの島に。
なんとかもちこたえようと、協力して頑張る姿に……(笑)。

体育では、かかえこみ跳びに重点をおいて。
とんだ足が、ついた手を越えることができるようにするための運動を、段階をつけて数種類こなしました。
跳び箱縦向けのかかえこみ跳びチャレンジも増えてきました。
あと1週間、課題クリアに向けて練習していきます。

最後は遊び係。
今日は、ただのドッジボールではなく、なんと当たった人はダンスをしながら外野へ行くというもの。
「いつもの……」はあきてきた人もいるし、どうする?
というところから生まれた付け加え遊び。
これからの広がりが楽しみ。


TOPへ