縦割り活動

規律を学び、協調性・責任感を培う 「縦割り活動=れんげ活動」

文教小学校では、運動会をはじめとする多くの行事で縦割り活動を行っており、これらを総称して「れんげ活動」と呼んでいます。

縦割り班活動を「れんげ活動」と名付けた意味については、「れんげ」は「蓮華」と書き、仏さまの国「お浄土」に咲く花です。
文教キッズが、自分はしんぼうして、友だちにやさしくした時、お浄土に、そして、自分の心に一つのれんげの花が咲きます。
斎藤隆介さんの「花さき山」のお話です。

縦割り班の活動の中では、お互いに、メンバーのことを思い合い、
時に、いっぱいしんぼうし、やさしくして、
また心を合わせ、力を合わせて活動しています。
このように、ひとりひとりの心に、いっぱい「れんげの花」が咲くことを願って、縦割り班活動を「れんげ活動」と名付けました。

毎年4月に新1年生が入学すると、6年生の一人ひとりが班長をつとめる縦割り班が構成されます。低学年の児童は、学校生活におけるさまざまな規律ばかりでなく、児童会活動や遠足などの行事・集団活動を通して、協調性や責任感についても高学年の児童をお手本とし、学びます。全校児童が自らの役割を意識し、「助け合い支え合う」精神は、本校が誇る伝統のひとつとなっています。

主なれんげ活動

  • 1学期/・れんげデビュー集会 ・ウキウキウォーキング
  • 2学期/・れんげ全校遠足
  • 3学期/・6年生ありがとうの会

※各学期に、れんげスクールランチ週間があります

 

学級活動から児童会活動へ

1年生から学級活動を大切にしている文教小学校。普段から皆の前で自分の意見を述べる習慣は、「1分間スピーチ」や「学びと力の発表会」でのスピーチで年々、鍛えられていきます。クラスや学校のことを自分たちで考え、次にどう行動するかを決めて実行していく「自主・自発・自治」の力が、運動会など学校行事の企画運営に生かされています。

れんげデビュー集会
れんげ全校遠足
運動会
月かげ集会・児童総会
TOPへ