文教タイムズ

学年だより3年

4/17火【国語の学習】

国語の学習です。

「きつつきの商売」の1の場面の登場人物がしたことを確認して、まとめました。
「こっくり」「うっとり」「だまって」の言葉から登場人物の気持ちも想像して、意見を出し合いました。


そして、場面の様子を思いうかべながら、それが伝わるように音読の練習をしました。


社会では、絵地図を見ながら、地図の学習をしました。
詳しく書いてわかりやすいと思った地図も、1枚の地図にすると細かくてわかりづらい地図に…。
工夫すると、見やすい地図に変わりました。
どうすれば見やすい地図になるのか、みんなで考えました。
それは、色分けして見やすくすること、地図記号を使うこと!
学校のまわり探検をして、地図を書く時に生かしていきます。


TOPへ