文教タイムズ

学年だより1年

6/13水【いろいろな くちばし】

国語の時間に、『くちばし』という説明文の学習をした後、
教科書には出ていない他の鳥のくちばしについて調べました。
1年生のみんなにとって、初めての調べ学習です。
『くちばしのずかん』(村田 浩一 監修)を使って、
くちばしの特徴や役割、鳥の説明を読み取り、絵と文章でまとめました。

今日は、その発表会を行いました。
自分で描いた絵(くちばしの絵と鳥全体の絵)をスクリーンに映しながら、
調べたことをみんなの前で発表しています。

発表する人は、後ろのお友達まで届く声で話すことをめあてにしています。
聞いている人は、「なんの くちばしでしょう?」という問いかけに答えます。

発表が終わった後は、出てきた鳥の名前をノートに書きました。
続きは、また明日の国語の時間に行います。
次の時間も、発表する時・聞く時のめあてを意識しながら、楽しく発表会を進めたいです。


TOPへ