文教タイムズ

学年だより1年

2/20水【これは、何でしょう?】

国語の時間に「これは、何でしょう?」という問題(クイズ)を出し合う活動をしました。
昨日の国語の時間は、身の回りにあるものを答にして、その答に関するヒントを考える学習を行いました。
ヒントは「色」「形」「大きさ」「いつ使うものか」「どこでよく使うものか」「誰がよく使うものか」「何のために使うものか」などの特徴を考えた後、聞き手が少しずつ答にたどり着けるように、出し方を工夫しています。

発表者は、大きな声ではっきり、ゆっくり話すことを心がけてクイズを出していました。

聞き手は、発表者のヒントを一回で聞き取って、答を考えることをめあてにしました。
どのクイズも、最後のヒントを聞いた後には「あっ、分かった!」と嬉しそうな表情が多く見られました。


TOPへ