文教タイムズ

学年だより1年

3/8金【6年生ありがとう茶会】

今日は、お世話になった6年生をお招きして「ありがとう茶会」を開きました。
1年生は「6年生に、おいしいお茶を飲んでもらいたい」と今日のお茶会を楽しみにしていました。

はじめのご挨拶から、これまでお世話になったお礼を、言葉と姿で伝えます。

その後は、6年生のもとへお菓子を運び、お盆を準備します。
落とさないように気をつけて、慎重に運んでいます。

いよいよ、帛紗さばきのはじまりです。
これまでの学習の中で、何度も何度も練習してきました。

難しかった帛紗さばきも、上手にできるようになりました!

今日は、その姿を6年生があたたかく見守ってくれています。

そして、心を込めてお茶を点てます。

その後は、6年生の姿をじっと見つめていました。

6年生から「ありがとう!」「おいしかったよ!」という言葉をかけてもらい、ほっとした様子や嬉しそうな笑顔が見られました。

後半は、6年生が1年生にお茶を点ててくれました。
まず、お菓子をいただきます。

そして、6年生が点ててくれたお茶をおいしくいただきました。

これまでの礼法の時間に、先生方からご指導いただいたことを確実に積み重ねて、今日のお茶会を終えることができました。
教室に戻った後は、お茶会の振り返りをしました。

「6年生がおいしく飲んでくれて、嬉しかったです。」
「6年生がお茶を点ててくれたことが嬉しかったです。」
「ドキドキしたけれど、だんだん楽しくなってきました。」
「ありがとうを伝えるために、一生懸命がんばりました。」
「2年になっても、めあてを持って礼法の学習をがんばりたいです。」
など、原稿用紙いっぱいに書いていました。
6年生の卒業は寂しいですが、また1つ、6年生との楽しい思い出が増えたことと思います。


TOPへ