文教タイムズ

学年だより1年

6/18火【生活科『なかよし教室』】

「小さな動物たちのことを知り、仲よくなろう!」をテーマに、京都市動物園へ行きました。
動物園に到着後は、水分補給をして、色々な動物を見ながら「なかよし教室」へ向かいました。

なかよし教室では、テンジクネズミとウサギと触れ合うひとときを体験しました。
まず、飼育員さんから、テンジクネズミとウサギの体の特徴や触り方、エサのお話を伺いました。

その後は、一人ずつテンジクネズミを触らせてもらいました。

最初はドキドキしている姿が多かったのですが、ひざの上にのせてもらうと「かわいい!」と感激していました。
やさしく背中をなでています。

そして、ウサギとも触れ合い、またまた「かわいい!」と感激している姿が多く見られました。

また、テンジクネズミと毛並みが異なることも発見しました。

なかよし教室の後は、向いにいるペンギンを見ました。

本校のプレートがあることに気がついて、嬉しそうにペンギンを見ていました。

お世話になりました飼育員のみなさん、動物さんたち、ありがとうございました。


TOPへ