文教タイムズ

学年だより1年

あさがおの種まき

「ミニひまわり」の栽培と並行して、1年生は「あさがお」の栽培にも取り組みます。
どちらも一人一鉢の栽培活動です。

種を植える前に、まず、教室で種の観察をしました。
先月、ミニひまわりの種を観察したことを思い出しながら、種の色や形、大きさ、手触りに注目して観察しました。

「すいかを切った形みたい」
「コーヒー豆みたいな形」
「みかんみたいな形」
「りんごの種みたい」……
と気づいたことをプリントにまとめています。

その後、運動場に出て、種まきをしました。
ふかふかのやわらかい土をたっぷり植木鉢に入れていきます。

トントンと土を平らにした後は、人さし指で穴を開けて、種をそっと入れました。

最後に、小豆のような肥料の粒を、一つひとつ大事に土の上に置きました。

最後まで、みんな真剣な表情です。
この後、たっぷり水やりをしたのですが、放課後にはもう土が乾いていました。
放課後は、お手伝いしてくれたお友達のおかげで、しっかりとお水をあげることができました。

4月28日に種まきをしたミニひまわりは、ゴールデンウィーク中に芽を出しました!

ミニひまわりも、あさがおも、これからの成長が楽しみです。


TOPへ