文教タイムズ

学年だより2年

11/28水【月かげ『心をつよく』】

今日の月かげは、長谷川先生が学期に一度の授業をして下さる時間でした。
学習のめあては「心をつよく」。

まず、「怠け忍者」のお話です。宿題をしている時や習い事の時に「やめたい」「帰りたい」「遊びたい」と思ってしまう。
学習より遊びを優先することがあるけれど、怠け忍者(もう一人の自分)を自分自身で追い払い、正しい行いをすることが大切だと教えていただきました。

次に、仏様の世界とつながるお話を聞かせてくださいました。
登場したのは・・・木魚です。

木の魚と書いて木魚と言いますが、仏様の教えの中では、「お魚が龍のように・・・」と願ったことで、この木魚のお話が起こったと教えてくださいました。

『心をつよく』もって、何事にもチャレンジできる2年生であってほしいと願います。


TOPへ