文教タイムズ

学年だより2年

11/29金【音読練習「生きる」】

来週の音読集会に向けて、谷川俊太郎さんの詩「生きる」を練習しています。

「生きているということ」「いま 生きているということ」の繰り返しがとても印象に残り、心にしみます。
わたし達は、何かを得るために生きているのではなくて、生きているからこそ、涙を流したり、大切な人と手を繋いだりするのだと思うのです。

生きていれば、美しいものにも出会えるし、楽しいことも体験できる。
自分の足で立ち、『いま』を大切に過ごさせたいです。

来週のはじめに、絵本「生きる」の読み聞かせを予定しています。
音読するだけではなく、絵本からも、この詩を少しでも感じ取ってくれたらと願っています。

 


TOPへ