文教タイムズ

学年だより2年

11/2木【おいもほり&俳句しんさ会!?】

お日様がまぶしい4時間目。
絶好の“いもほり日和”です!

つるが広がっている畑に入り、つるを引っ張って転がしていくと・・・
赤紫色のおいもの姿が見えてきました!

いざ、スコップで掘ってみるのですが、なかなか全体像が表れず・・・
あれ?あれ?うん・・・?
格闘していると・・・

ほ~ら、おっきいの、二つ、三つとつながったの……
ずっしりと重いおいもの出現です!

本日の収穫!
お休みの友達がいるので、週明けにもう一度掘りおこす予定です。
おいもほりの待ち時間に、つるのスケッチを行いました。
チームでつなげて、完成させるために、お日様のもとでスケッチ中。
“つる”をおみやげに持って帰った2年キッズが25人。
どんなふうに調理してくれるのかな?
来週の絵日記で知らせてもらいます。

こちらは、国語の時間に取り組んだ「俳句しんさ会」の様子です。
教科書に「秋がいっぱい」のコーナーが載っています。
このページをヒントに、俳句づくりに挑戦していました。
今日は、自分の作品から“とっておきの一句”を提示し、みんなでクラスの「ナンバー1」を決める会を行いました。
名前を伏せた作品を黒板に貼って、ひとグループずつ批評し合います。
そして、お気に入りを一つにしぼり・・・
最終選考まで進めるという流れです。
後半には、画用紙にお清書を行い、さし絵やコメントを入れて作品を完成させました。
いもづるのスケッチと合わせて、掲示しています。
来週の参観日に、ぜひご覧下さい。


TOPへ