文教タイムズ

学年だより2年

11/22水【あったらいいな、こんなもの】

国語の時間に「あったらいいな、こんなもの」の学習を進めています。
教科書に、あのドラえもんが載っているページの学習です。
学習のゴールは、クラスでスピーチの会を行って、みんなのアイディアを交流できる機会をつくる計画です。
前の時間には、
「お母さんが楽ちんになる台所グッズ」や
「宿題を代わりにやってくれる・・・!?」など、
日常のシーンを思い浮かべ、困っていることや大変なこと、変わりたいなあと感じる場面を出し合いました。
メモに思いついた物を書き留め、簡単なスケッチで、スピーチ用原稿につなげる活動を行いました。
今日は、そのメモを持ってチームの仲間に簡単な紹介を行い、質問を受け付ける時間をもちました。
質問を受けることで、自分が考えたものを説明する際に、より詳しく解説できると考えたからです。

「どうして、ボタンが3つも付いているんですか?」
「電池がなくなったら、どうしますか?」など、
鋭い質問に答えながら、スピーチ作文に書く内容を膨らませています。

チーム内の交流が終わったところから、作文に取りかかりました。
○どんな時に使うのか?
○どこが便利なのか?
○ほかにも、こんなことができる!
などを段落毎に書き進めていきます。

発表の時間の様子をお楽しみに!


TOPへ