文教タイムズ

学年だより2年

12/15金【まとめ学習続々】

国語の時間に“冬の俳句づくり”を行いました。

5・7・5音の俳句作りは、秋に一度学習済み。
今回は、“冬”をテーマに季節感のある言葉集めを行った後の、俳句作りです。
音の数を手で打ってみたり、指で数えたりして、創作中です。

昨日、選句会を行い、みんなの票をたくさん集めた句に、温かいメッセージや句から伝わる情景を届けてくれました。

そして、今日は画用紙にお清書をしました。
活動の流れは理解できています。
子どもたちは、すぐにお清書に取りかかってくれました。
句に合ったさし絵を描き入れるときには、秋と違った色使いをしていることに気づきます。
句から伝わる場面を解説風にして、吹き出しを付けています。

ご覧下さい!
掲示板は、冬色に様変わり!
懇談会の待ち時間に、ぜひどうぞ。

こちらは、算数学習のまとめです。

折り紙は、“正方形”であることをもとに、そこから「直角三角形」「長方形」「正方形」を切り分け、“もようづくり”に挑戦しています。

昨日は「ていねいに折ること」「きれいに切ること」をめあてに準備の時間を過ごしました。

今日は、さらに形を増やし、模様の構成を考えています。
くり返しの模様、ぴったりと合う角の大きさ。合わせ方を変えると、また別の模様に見えてきます。

仕上げは、無地の紙にのり付けし、題名を付けました。
折り紙の色合いと相まって、すてきな図形模様が出来上がりました!

こちらも、廊下に掲示しています。
懇談の折に、どうぞご覧下さい。


TOPへ