文教タイムズ

学年だより2年

9/7木「もも色カルタ大会」

夏休みの課題に「もも色カルタの暗唱」を掲げていました。
1学期の音読や、一人カルタ取りで読み慣れた子どもたちにとっては、楽勝!?
しかし、多くの2年キッズのお家では、夏だというのに家の中から“百人一首”が響き、さぞ、にぎやかなことであったでしょう。

今日と明日の2日間は、生活科の時間を使って「もも色カルタ大会」を計画しました。
学習の始めは、みんなで声を合わせた音読です。
ほとんどの子ども達が、20首の暗唱チェックを終えているだけあって、すばらしい“読み”を聞かせてくれました。

いよいよカルタ取りです。
対戦型のルールで行うため、机を向かい合わせにセッティングし、カルタを10枚ずつ分け合って並べます。
一対戦が終わると、一方がひとつずつ席を動くシステムを知らせました。
暗唱の威力は、ものすごいです。
上の句の5音で「はいっ!」と手が動く子があちらにも、こちらにも。
また、上の句17音で一度読みを止めるようにしても、多くのテーブルで、接戦を繰り広げることができました。
それだけ、暗唱の努力が自信になって表れているのだと確信します。
次は『黄色カルタ20首』です。
2学期中に制覇(!?)する予定です。

机の向きそのままで、ランチまで突入しました。
気分が変わって、いつも以上に楽しそうです。


TOPへ