文教タイムズ

学年だより6年

4/23木【念には念を入れよ・理科通信】

おはようございます、皆さん。

体調管理は できていますか。

運動不足 解消のために、何かしているでしょうか。

簡単に できる運動を You Tubeで 見つけました。

片足を 床から10cmほど 1分間上げて、その姿勢を 保ちながら 立つ という運動です。実際にやってみましたが、1分間 足を着かずに バランスを保つことが 意外に難しいです。

両足を合わせて、約2分間でできる チョー簡単な運動です。1度 試してみては?

 今日も「ことわざ」の問題です。

「□には□を入れよ」

この2つの□には、同じ漢字1字が入ります。さて、どんな漢字が入るでしょう。

正解は「念」です。

「念には 念を入れよ」

6年生のみんななら、このことわざの 意味が分かるでしょう。物事を進めるときには、細心の注意をしなさい という教えです。

この3日間で 紹介した「石橋を叩いて渡る」「転ばぬ先の杖」「念には念を入れよ」は、慎重に取り組むことの 大切さを 教えてくれる「ことわざ」です。

同じような 意味を持つ ことわざを 集めてみても、楽しいですよ。

さて、問題です。

「猿も木から落ちる」

得意なことでも たまには 失敗することの たとえですが、同じような意味を持つ ことわざは、何があるでしょう?

考えてみてください。答えは明日。

 **********************

今日(4/23)の新出漢字は「処」「就」「干」「層」です。

丁寧に練習をして、しっかり覚えていきましょう。

**********************

今日の算数の課題は(③-11)です。

 3の問題は、数列(数が決まった順に並んでいる)の問題です。同じ数ずつ増えているので「等差数列」といいます。

「等差数列」の場合は、次の式が成り立ちます。

最初の数+増えた数×(□番目-1)

この問題は、最初の数が15、増えた数が8なので、

15+8×(□-1)となります。

たとえば、3番目の数なら、15+8×(3-1)=31になるわけです。

ヒントは ここまで。あとは自分の力で!

続いて、5の問題

平行四辺形の公式より、15×12=180

平行四辺形の面積が分かりますね。

台形も同じ面積なので、(上底+下底)×12÷2=180となります。

この式から、上底+下底=30が導き出せます。

上底の長さが 下底より6cm短い という条件から それぞれの長さが出せます。

分からない人は、写真をヒントに!

**********************

社会科は「歴史」の方が まとめやすいかな?

まとめながら、キーワードも覚えてください。

歴史に出てくるキーワードの中には、まだ 習っていない漢字も 出てきます。

(縄文土器の「縄」、弥生時代の「弥」、卑弥呼の「卑」など)

よく見て、書いて下さい。

漢字の間違いがないか、「念には念を入れて」細心の注意を!

**********************

【6年生理科】

今日も、5年生理科の復習です。
今回は【メダカの誕生①】です。

「メダカの水槽」の写真を見て下さい。

もう一つ、写真のメダカは、オスかメスか、わかりますか。

①.メダカに、エサを与える時の注意点は 何ですか。
 その理由は なぜ?
②.自然の池や小川にすむ メダカは、何を食べていますか。
③.水槽で メダカを飼う時、水槽は どんな場所に置くと よいですか。
④.水槽の水を替える時に、水道水を使う場合の注意点は?
⑤.メダカの オスとメスは、どこで見分けますか。2つ書きなさい。
⑥.オスの「せびれ」の形には、どんな特徴が ありますか。
⑦.メスの「しりびれ」は、どんな形をしていますか。
⑧.メダカは、どんな所に「たまご」を産みつけますか。
⑨.池や小川にいる 自然のメダカが、たまごを産む季節はいつ?
⑩.メダカに たまごを産ませるには、水温を何度くらいにしますか。

*解答編*

①.食べ残しがないようにする
 水槽の水がよごれるから
②.プランクトンなど
③.直射日光の当たらない明るい所
④.くみ置きした水道水を使う
⑤.せびれ、しりびれ
⑥.切れ込みがある
⑦.三角形に近い
⑧.水草など
⑨.春~夏
⑩.25℃くらい

お薦め映像「NHK for School」です。
メダカのオスとメスの見分け方」は、以下のリンク先へ。
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005301072_00000

さて、何問できましたか?
教科書に載っている写真や絵図・実験内容を確かめてみてください。
また、5年生のHPにも、問題を載せています。復習問題として挑戦してください。

それでは、また明日。SEE YOU!

 


TOPへ