文教タイムズ

学年だより6年

5/14木【勝海舟の名言・理科通信】

6年生の皆さん、おはようございます。

今日は「坂本龍馬」の師匠「勝海舟」の言葉です。

勝海舟」は、江戸幕府への総攻撃を前に、倒幕軍の「西郷隆盛」と話し合い、攻撃を中止させた人物として、有名です。江戸の100万人以上の命を戦火から救ったのです。

「やるだけのことはやって、後のことは心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ。」

「勝海舟」も、江戸時代の末期に、広い視野で世の中を見て、日本の平和のために、尽力をつくした一人です。

「坂本龍馬」の行動も、「勝海舟」の影響を受けたものだったのでしょう。

**********************

(国語)

 今日(5/14)の新出漢字は、「訳」「源」「策」「忘」の四文字です。

「策」は、間違いやすいですね。

「朿」(○)を、「束」(×)と書かないように注意しよう。(漢字ドリルより)

 

今日は、「竹」(たけかんむり)の漢字を集めてみましょう。

(小学校で習うのは、14文字です。)

いくつ書くことができましたか?

**********************

今日の国語は、「思考力アップドリル」のP.2、3を進めましょう。

ある言葉を条件に合わせて、説明していく課題です。

①ランドセル、②麦わらぼうしのどちらかの言葉を選び、〈条件〉ア、イ、ウに合わせて、説明しましょう。

P.3に選んだ言葉と説明を丁寧な文字で書いていきます。

100字の原稿用紙なので、100字近くの文字数で説明しましょう。

**********************

(算数)

今日の算数プリントの課題は、(③-22)です。

プリントのヒントです。

 

【3】12でわると6余る→12でわり切れるには、6足らない

15でわると9余る→15でわり切れるには、6足らない

両方とも、6足らないというのがポイントです。

【4】仕入れ値(800円)の15%が1個分の利益になるので・・・。

【5】△ОDA+△ОBCは、長方形ABCDの面積の半分です。

△ОAB+△ОCDも、長方形ABCDの面積の半分です。

 

「分数÷分数」

教科書のP.61を開けましょう。

分数のわり算は、わる数の逆数をかけて計算します。

【5】-①は、このように計算します。

【5】②~④の問題は、解きましょう!

【5】②~④の解答はこちら!

**********************

(社会)

最初に紹介した「勝海舟」を、教科書や社会科資料集で、必ずチェックしてください。

特に、資料集の歴史人物事典に詳しく載っています。

社会のまとめをしていて、出てきた人物も、この歴史人物事典を読むと、さらに詳しく知ることができます。

「勝海舟」の言葉を聞いて、思い浮かんだことわざ

「人事を尽くして天命を待つ」

**********************

【6年生理科】

今日の学習は「ものの燃え方⑧」です。

教科書P23「りかの たもてばこ、いえ、たまてばこ【昔からの鉄づくり】」を読んでください。

江戸時代の日本では、「砂鉄」を集めて「鉄」を作っていました。
以下の問題を、理科ノートにまとめてください。

問題①.江戸時代、今の製鉄所を「たたら場」または「たたら製鉄」といいました。
さて、「たたら場」がでてくるジブリの作品は何?

問題②.バーベキューをしたことがある人は思い出してください。
「炭」の火の勢いが弱いとき、どんなことをしましたか?
うちわを使って、あおぐことが多いと思います。
それは「火の勢い」と、どんな関係があるのでしょうか。

問題③.「ふいご」のはたらきは何ですか?

*****

今日のお薦め映像「NHK for School」です。

「燃えるときのすき間」1:23
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005301222_00000

*****

*解答編*

①.「もののけ姫」
②.うちわであおぐことで、新しい空気を火に送り込むことになります。それが、酸素を送ることになり、火の勢いが強くなります。また、炎の温度も高くなります。
③.②と同じです。新しい空気を送り込む道具です。

************

続いて、5年生理科の復習【ふりこ】です。
この学習は、5年生の時に、まとめができていません。
この機会に、教科書を振り返りたいと考えています。

①.「振り子」の糸が止められている部分を、何といいますか。
②.「振り子」が1往復の時間を何といいますか。
③.振り子の「糸の長さ」と「振れ幅」を一定にして、おもりの重さを変えると、振り子の周期は、変わりますか、変わりませんか。
④.振り子の「糸の長さ」と「おもりの重さ」を一定にして、振れ幅を変えると、振り子の周期は、変わりますか、変わりませんか。
⑤.振り子が、1往復する時間は、何によって、速くなったり、遅くなったりしますか。
⑥.「糸の長さ」が同じ時、「振れ幅」を大きくするほど、おもりの動く速さは、どうなりますか。
⑦.「振れ幅」が同じ時、振り子の糸の長さが、長ければ長いほど、ものを動かす働きは、どうなりますか。
⑧.振り子の振れ幅を変えても、1往復にかかる時間は変わりません。このことを「振り子の□□□」という。
⑨.この法則は、誰が発見したといわれていますか。また、その科学者は、どこの国の人ですか。
⑩.「フーコーの振り子」で有名なフランスの科学者フーコーは、1851年パリで、長さ67m、おもり約28kgのふりこを使って、あることを実証しました。それは何?
⑪.「振り子」を使った道具には、どんなものがありますか。

*解答編*

①.支点
②.周期
③.変わらない
④.変わらない
⑤.振り子の長さ
⑥.速くなる
⑦.大きくなる
⑧.振り子の等時性
⑨.ガリレオ・ガリレイ。イタリア
⑩.地球の自転
⑪.振り子時計、メトロノームなど

*****

今日のお薦め映像「NHK for School」です。

「ふりこの往復する時間とおもりの重さ」1:52
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300723_00000

「ふりこの往復する時間とふれはば」1:40
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300722_00000

「ふりこの往復する時間とヒモの長さ」1:37
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300755_00000

*****

さて、何問できましたか?
自信のない単元は、教科書に載っている写真や絵図・実験内容を確かめてみてください。
わからない言葉は、国語辞典を使って調べましょう。

それでは、また。SEE YOU!

 

 


TOPへ