文教タイムズ

学年だより6年

5/18月【「尼将軍・北条政子の言葉」・理科通信】

6年生の皆さん、おはようございます。

今日も、鎌倉時代から。源頼朝の妻・北条政子の名言です。

鎌倉幕府を開いた源氏の将軍が3代で絶えると、京都では朝廷の軍が幕府を倒すために、兵をあげました(承久の乱)。

そこで、源頼朝の妻・北条政子が、朝廷に逆らうことを不安に思っていた御家人に対して、結束をよびかけました。

「みなの者、よく聞け。これはわたしの最後のことばである。頼朝公は、鎌倉に幕府を開いてから、おまえたちに恩賞をあたえ、領地を守ってくれた。この恩は、すでに山よりも高く、海よりも深い。この恩にむくいようとは思わないのか。もし、朝廷側につきたい者があれば、ただちにこの場で申し出よ。」(社会科資料集P.65より)

尼将軍として政治の実権をにぎっていた北条政子の力強い言葉に、御家人はひとつにまとまり、京都に攻め入り、幕府軍が勝利をおさめました。

リーダーとしての強い意志と覚悟を感じませんか?

**********************

(国語)

 今日(5/18)の新出漢字は、「宅」「推」「宇」「宙」の四文字です。

今日の漢字のうち三文字、「うかんむり」が部首ですね。

小学校で習う「うかんむり」の漢字を10個集めてみましょう。(全部で20文字以上あります。)

 

国語・教科書P.68、69「情報と情報をつなげて伝えるとき」の学習の続きです。

P.69下段の【2】の文章を読みましょう。日本の農業についてまとめた段落です。

昨日の課題で書き足した【1】の段落と【2】の段落の共通点を見つけ、まとめの段落を2文程度(70字ぐらい)で書きましょう。

まとめの段落なので、「このように・・・」と書き始めましょう。(国語ノートに)

*************************

(算数)

今日の算数プリントの課題は、(③-24)です。

【3】5でわりきれる数は、5の倍数です。

5でも16でもわりきれる数は、5と16の最小公倍数である80の倍数です。

【5】△FBCの面積が分かると、台形ABFDの面積が求められます。

△FBC=△EBC-△CEFになるので、△FBCの面積は・・・。

 

「分数÷分数」

今日は、教科書のP.63を開けてください。

「分数」と「小数・整数」のわり算です。

分数のかけ算の時と同じように、「小数」「整数」を分数になおして、計算します。

P.63の【2】【4】【5】の問題を解きましょう。

 

【2】【4】【5】の解答はこちら!

分数のかけ算・わり算も練習問題をたくさんすることが大切です。

算数の新小学問題集(P.28~P.53)で練習をしておきましょう。

***************************************

(社会)

北条政子の言葉は、教科書P.103にも載っています。

資料集の歴史人物辞典では、源頼朝との結婚についての話も紹介されています。

源氏の将軍が絶えた後、政子の一族である北条氏が実権をにぎることになります。

北条氏の政治や北条氏の勢力がおとろえるきっかけになる元(中国)との戦いも教科書や資料集で確認して下さい。

「北条政子」のように、リーダーとしての強い意志と覚悟が6年生にも必要です。

**********************

【6年生理科】

今日の学習は「ものの燃え方⑩ラスト」です。
今回は「まとめの学習2」です。
教科書P26~27「確かめよう」「学んだことを生かそう」を読んでください。

教科書P26「確かめよう」に大問が2つ、
教科書P27「学んだことを生かそう」に説明する問題が3つ、あります。
それぞれ、理科ノートにていねいにまとめてください。

次に、教科書P27下段に「Science WORLD」があります。
「燃える金属」について書いてありますから、読んでください。
この実験は、学校で見てもらいます。

*****

今日のお薦め映像「NHK for School」です。
今日は、燃焼に関係する映像です。

「酸素の中で燃やすと」0:55
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300239_00000

「燃え方のちがうたき火」0:30
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300023_00000

「なべの油についた火の消し方」0:51
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300056_00000

******

続いて、5年生理科の復習【天気の変化②】です。

①.気圧、雨量、風向、天気などの「気象情報」を集める時、どんな方法がありますか。(メディア)
②.天気予報を出すために集める情報には、どんなものがありますか。
③.天気予報を出す「資格」を持つ人を、何といいますか。
④.台風の中心が、日本列島を通過することを、何といいますか。
⑤.台風が日本列島を通過するのは、何月頃が多いですか。
⑥.台風は、どちらの方角から日本に近づき、どちらの方角に去っていくことが多いですか。
⑦.台風の「うず」を上空から見ると、右回り、左回り?
⑧.風が弱く、青空も見えることのある「台風の中心」のことを何という?

*解答編*

①.インターネット、テレビ、ラジオ、新聞、電話
②.全国各地の気象台のデータ、アメダス、気象衛星写真
③.気象予報士
④.上陸
⑤.8~9月
⑥.南から北、または、南西から北東
⑦.左回り
⑧.台風の目

*****

今日のお薦め映像「NHK for School」です。

「天気の変化の決まり」1:39
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005301071_00000

「台風の進む方向と風の向き」1:56
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300483_00000

「台風の通り道」0:35
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005300484_00000

さて、何問できましたか?
自信のない単元は、教科書に載っている写真や絵図・実験内容を確かめてみてください。
わからない言葉は、国語辞典を使って調べましょう。

それでは、また次回。SEE YOU!

 


TOPへ