文教タイムズ

学年だより6年

5/22金【織田信長の言葉・理科通信】

6年生の皆さん、おはようございます。

「豊臣秀吉」「徳川家康」に引き続き、戦国の三大武将の一人「織田信長」の言葉を紹介します。

「理想を持ち、信念に生きよ。理想と信念を見失った者は戦う前から負けている。」

この言葉を聞いて、「坂本龍馬」の姿を思い出しました。歴史に名を残した人物は、自分の持っている考えが、大体、同じなのかもしれませんね。

「織田信長」は、天下統一の基礎を築いた人物です。

「信長」は外国から伝わった鉄砲を戦いで使ったり、城下町で自由に商工業ができるようにしたり、キリスト教を保護したりするなど、新しいことを「理想と信念」を持って、どんどん取り入れていきました。

「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」

この歌が表すように、強引に自分の信念を貫く姿もありましたが、新しい時代を切り開いた人物に間違いありません。

*******************

(国語)

 今日(5/22)の新出漢字は「幼」「熟」「収」「納」の四文字です。

今日の漢字でも、昨日と同じく「同音異義語」があります。「収」「納」の訓読みは、「おさめる」ですね。

他にも「治める」「修める」があります。使い分けを国語辞典で調べましょう。

*****

今日は国語・教科書P.37「漢字の形と音・意味」を開きましょう。

「ぎょうにんべん」は、「行く」「道」などの意味を表す漢字に、「にくづき」は体に関係する漢字に使われ、同じ部分を持つ漢字は、意味のつながりがある場合があります。

P.37の【2】の漢字を、漢字辞典を使って集めてみましょう。

(「うかんむり」「りっとう」を前に集めている人は、「てへん」「りっしんべん」だけで良いです。)

*****

新小学問題集P28~35「段落構成をつかもう」の単元を進めましょう。

終わっている6年生は、続きを進めること。

言葉の学習は、三字熟語・四字熟語です。

三字熟語では、□+□+□、□□+□、□+□□、この3つの組み立てがあるので、

P.34上段の説明をしっかり読んでください。

*******************

(算数)

今日の算数プリントの課題は、(③-28)です。

【3】(1,2,2,3,3,3)この6つを1組として考えます。

 

【4】A君のお金を①とすると、C君のお金は1×2×1.8=3.6です。

2人のお金の差が650円で、割合の差が(3.6-1=2.6)になるので、A君のお金が求められます。【4】の解答は、B君のお金であることに注意!

 

【5】正方形の面積は、20×20=400㎠で、台形の面積も400㎠になります。

(上底+下底)×16÷2=400から、(上底+下底)の長さが分かります。

上底は、下底より12cm短いので、和差算での解き方を使って、上底、下底それぞれの長さが求められます。

 

「割合を表す分数」

今日は、教科書P.67を開けてください。

分数を使った「割合」の問題です。分数でも、「割合」の式が成り立ちます。

・割合=くらべる量÷もとにする量  

・くらべる量=もとにする量×割合

・もとにする量=くらべる量÷割合

【1】白いリボンの長さの何倍かを答える問題なので、もとにする量は、白いリボンの長さになります。

【2】の問題をしましょう。

問題に「はじめの量を1としたとき」とあるので、はじめの量がもとになります。

 

【2】の解答

******************

(社会)

鎌倉幕府がほろびるきっかけになった「元寇」について、まとめてみました。

元の大軍を退けることができたのは、その時に起こった「暴風雨」のおかげだと言われますが、「御恩」と「奉公」の関係で結ばれた鎌倉幕府に忠誠を尽くす「御家人」の頑張りがあったからです。

「いざ鎌倉」を実行した事件でした。

歴史に名を残す人物は、強い信念を持っています。

****************************************

【6年生理科】

今日の学習は「植物の成長と日光の関わり④」最終回です。
まずは、教科書P34~35を読んでください。
確かめよう】と【学んだことを生かそう】です。

今日は、教科書の問題を「理科ノート」に解答してください。
特に【学んだことを生かそう】は、なかなかいい課題です。
自分の考えをノート3行程度に書いてください。

最後に「りかのたまてばこ」を読みましょう。
ここでは、学習でジャガイモを使っているので、ジャガイモの葉を使っていますが、他のやわらかい野菜の葉でも可能です。お家でできれば、やってみてください。

今日のお薦め映像「NHK for School」です。

「葉だけにたくさんでんぷんがあるのは?」2:43
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005301986_00000

*この単元のポイントは「植物の葉に日光が当たると、葉にデンプン(養分)ができる。」
これを「光合成」といいます。

*****

続いて、5年生理科の復習【流水のはたらき③】です。

①.大雨が降った時に起きやすい「自然災害」を2つ書きなさい。
②.大雨などのために、大量の水を含んだ土が崩れ、水や石、土を巻き込んで、一気に流れる現象を、何といいますか。
③.大雨の時に、川の水をせき止めて貯え、水による災害を防ぐものを何といいますか。
④.土や砂が流れるのを止め、中流や下流の川底が浅くなるのを防ぐダムを何といいますか。
⑤.川岸に置いて、水の流れを弱くして、川岸が削られるのを防ぐためのブロックを、何といいますか。
⑥.大雨による被害が予想される時に出される「注意報」と「警報」で、より大きな被害が予想される時に出されるのは?
⑦.川の水が増えた時に、堤防が崩れるおそれがあるのは、カーブの内側と外側のどちらですか。
⑧.短い時間にたくさんの雨が降り、川の水位があっという間に何メートルも増えることを何といいますか。
⑨.川の上流にできる地形で、川の流れが速く、侵食作用が大きく、川底を侵食することでできる谷を、何といいますか。
⑩.川が山から平地に流れ込む時、流れの速さが急に遅くなり、それまで運搬していた土砂を、たい積させることによりできる地形を、何といいますか。
⑪.川の下流でできる地形で、川の曲がったところが取り残されてできた湖(池)を、何といいますか。
⑫.川の川口付近でできる地形で、川が海に流れ込む部分で、それまで運搬してきた土砂を堆積させてできる地形を何といいますか。

*解答編*

①.洪水、崖崩れ、土石流
②.土石流
③.ダム
④.砂防ダム
⑤.消波ブロック
⑥.警報
⑦.外側
⑧.てっぽう水
⑨.V字谷
⑩.扇状地
⑪.三日月湖
⑫.三角州

*****

今日のお薦め映像「NHK for School」です。

「川の水の利用と災害を防ぐ工夫」1:31
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005301209_00000

「川の働きでできた地形」1:53
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005301085_00000

「土石流のひ害を防ぐ砂防ダム」1:46
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005400323_00000

さて、何問できましたか?
自信のない単元は、教科書に載っている写真や絵図・実験内容を確かめてみてください。
わからない言葉は、国語辞典を使って調べましょう。

それでは、また。SEE YOU!

 


TOPへ