文教タイムズ

学年だより6年

5/28木【ICT学習「iPadとロイロノートを使って」・社&算】

朝の挨拶の後は、時事の話や学習連絡がありました。
今日の天気のように、すがすがしい気持ちで学習に取り組みます。

【社会】

今回は、森林についての学習です。クイズ問題付きで、たくさんの説明がありました。
日本の国土のどれほどが森林かというと・・・三分の二!
天然林と人工林に分かれますが、天然林では広葉樹が多く、人工林では針葉樹が多いです。遠くから森林を見ても その違いは分かりますね。

グラフを見て、皆、愕然としました。林業で働く人の移り変わりです。山を手入れする働き手が昭和30年と比べに現在はその8分の1に。人数にすると 約6万人とのこと。「そうすると現在の森林は どんな状態か?」「どのようなことが起こるか?」「なぜ 働き手が少なくなったのか?」など、多角的に考えました。

戦後、木材の需要により人工林を増やしましたが、現在ではプラスチックなど、木材に代わる違う材料が増えているのです。また、外国からも安価の木材を輸入するなど、国内生産が減っているのです。

あらためて森林の働きを考えました。それは、

① 土を支えること
② 酸素をつくること
③ 水をたくわえること
④ 動物のすみかであること
⑤ 木材として利用されること
⑥ 人にやすらぎを与えること

が考えられました。映像でも確認しました。

人の手が入らない山では土砂災害につながりかねず、そのような場所が50万箇所にも及ぶことを知りました。また、海の汚れと山が密接な関係を持つことなど、問題を自分のことのようにとらえられた6年生でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ICT学習~iPadとロイロノートを使って】

2校時は、各個人が使用するiPadを取り出して、授業支援クラウド「ロイロノート スクール」 を使いました。

新品のiPad。はじめて使う子ども達ですが、ためらいなくIDやパスワード等を入れて立ち上げます。

初回ということで、ワードや絵描き機能などを使って「自己紹介カード」を作り、作成した提出箱に入れました。

すると、提出箱一覧では、皆が提出したものを互いに確認することができます。

カードづくりを楽しみ、かつ、皆の作品を一斉に共有できる喜びを感じていました。これから様々な教科で 多様な広がりを持たせます。今後に期待感いっぱいの6年生でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

いつものように、二手に分かれての学習です。
教室グループは、教科書の文章題などに取り組ました。

面積や体積も、分数での計算ができます。約分をしながら正確に速く計算し、単位に気をつけて答えを書きました。速さの問題もありました。

~~~~~~~~

学習室グループは、プリント演習問題に取り組みました。

前回と似たタイプの文章問題にチャレンジします。難しそうな問題です。それでも、やり方が分かれば、少し時間を要しますが面白いように解けます。

どちらのグループ学習も、「なるほど!」と納得でき、「目からうろこが落ちる」気持ちになります。子ども達もそう感じたことでしょう。

Have a good afternoon !  See you tomorrow !

 


TOPへ