文教タイムズ

学年だより6年

5/29金【学習モード全開】

分散登校最終日を迎えました。

国語の時間には、物語の最後に気づく「おばあちゃんのひみつ」が、実は、始めの場面で、“知る”ことができる表現を探す学習を行いました。

“伏線”という用語の意味を理解し、サスペンスドラマやアドベンチャー映画のストーリーを思い起こしてほしいと、話しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“ちょこっと体ほぐし”で始まった、理科の時間です。

理科では、「ふり子」の学習のまとめを行いました。
「ふれ幅」「支点」「周期」など、学習する中で“キー”となる単語を書き上げています。

中には、「ガリレオガリレイ」のエピソードに目を向け、『ふり子の等時性』発見のポイントをノートにまとめる人もいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

算数の時間です。5年生で学習済みの「割合」に注目し、「分数でも割合を表すことができる」をポイントに、学習を進めました。

これまで小数で表すことの多かった「割合」ですが、割り切れない場合には、この“分数で表す”が使えます。教科書の適用問題を解くことで、分数の計算の習熟にもつなげていきたいです。

協同学習室のグループでは、今日も分数の計算をもとにした文章問題に取り組みました。

先生からアドバイスを受けながら、問題を解く、問題に慣れるに力を注ぎました。


TOPへ