文教タイムズ

学年だより6年

7/7火【大盛り上がりのドッジボール】

【国語】

1時間目は、国語。今日はカラーテストを実施しました。

字の丁寧さに気を付けて、テストに臨んでいました。
テスト後は、漢字のたしかめのプリントを行いました。答え合わせをして、1週間後に同じ漢字のテストを実施することを予告して終えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【理科】

理科は「人体」。消化についての続きです。毎時間、呼吸の仕組み、心臓の働きの復習からはじめています。まずは内臓の位置と名前、はたらきを確実に覚えておきたいです。
今日は消化管の振り返りから、十二指腸と小腸、大腸について、そのつくりとはたらきについて確認していきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

算数は、円の面積を求める公式を使って、いろんな形の面積を求めました。
さしひいたり、組み合わせたりして考えて、いろいろな考え方で葉っぱの形の面積を求めていきました。

【体育】

今日も雨模様。体育は予定を変更して、体育館でドッジボールを行いました。
久しぶりのドッジボールに、子供たちも大盛り上がり。少人数での対戦だったので、すぐに勝敗がついてしまうと思っていたのですが、どの試合も接戦で、最後まで勝ち負けが分からない展開でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【英語】

英語では、国際理解に触れる学習がありました。大切されているものとは、「水、ラクダ、じゅうたん・・・」海外の生活ぶりが見えてきます。自分たちがいかに恵まれた生活をしているかに気づきました。そして自分にできることを少しずつ考えはじめるきっかけとなったことと思います。
前回は中国について触れました。今回は韓国です。ポール先生の体験を含め、いろいろとお話を頂きました。まるで英語で進める社会科の授業のようです。

There is a palace in Seoul. のThere is..の形のほか、「ウー」の伸ばす音blue, tube, few, glue, huge, new…などを確認しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【家庭科「布を裁つ&仮縫い」】

今日から、エプロン作りの実習が始まりました。まず、「わき」や「すそ」などの言葉を頭に入れる学習をしました。そのほか、5年生のおさらいとなる「なみ縫い」「玉結び・玉どめ」「1本どり・2本どり」など、裁縫の時間によく使うワードの思い出しをしました。

いよいよ実習の始まりです。最初の仕事は“布を裁つ”です。めったに使わない「裁ちばさみ」の登場です。

ザクザクっという音と、切れていく感触は、意外と気持ちのいいものなんです。裁つ仕事が終われば、「裁ちばさみ」は片付けます。安全第一ですから。

次は、「わき」の仮縫いです。仮縫いを取り入れることで、1年ぶりの「手縫い」の復習になります。しかも、ミシン縫いを安心して進めることができます。

「わき」を「三つ折り」にしたら、「まち針」をさして、仮縫いを始めます。“しつけ糸”で縫い進めます。やや幅広の縫い目なので、思っている以上に仕事が早く進みます。このときは「糸切りばさみ」が活躍します。

布を広げ押さえながら切っていくと、まっすぐに切れること、針に糸を通すのに「糸通し」を使うと便利なこと、片手でできる玉結び…一つひとつの思い出しと、経験を繰り返して、エプロン作りに取り組んでもらいます。

 


TOPへ