文教タイムズ

学年だより6年

7/28火【どの本がお気に入り?】

【国語「ブックトーク・1分間スピーチ」】

1時間目の国語は「ブックトーク」の1分間スピーチの続きです。
決めた順番で最後までスピーチができたので、これまで紹介してくれた本を再度確認して、印象に残って読んで見たい本をみんなに問いました。心に残った本がそれぞれ数冊あったようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【理科「植物のつくりとはたらき」】

理科は「植物のつくりとはたらき」のまとめです。
教科書の単元末の課題について、各自でノートにまとめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数「図形の拡大と縮小」】

算数は新しい単元に入りました。「図形の拡大と縮小」です。
形が同じ図形の直線の長さや角の大きさを調べて、対応する直線の長さの比が等しいこと、対応する角の大きさが等しいことが分かりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体育「ハードル走」】

体育は、どんよりとした曇り空の中、ハードル走を実施しました。

目標タイムは、ハードルなしで測定した時間に0.6秒をプラスしたタイム。その目標をクリアしようと熱心にハードルに向かう姿が見られました。勢い余って.ハードルでつまずく様子も。真剣に走っている表れだと感じました。ハードルを片付けている時に、ポツポツ雨が・・・。ぎりぎりセーフでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【英語】

英語は、プリントを使っての学習。
難しい問題にチャレンジしているそうです。

Today was the last English lesson before summer Holidays. We talked about all of the summer things in class.

One of the summer insects is the cicada.
In the sixth grade class there was a cicada baby (nymph) cocoon that transformed right on the curtain by the window. The exoskeleton on the cicada is still in the sixth grade class now.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【家庭科「ミシン縫いで気をつけること」】

今日で一学期の家庭科は終了です。“エプロン”の胴の部分を仕上げるところまでが、この時間の目当てです。
先週のミシン実習で、“上糸”が針から外れて、付け直すのに時間がかかった失敗を思い出し、“マシーン”のスピーディさを最大限に生かすために…

1.針を下ろすときに、上糸が引っ張られて抜けないように
2.縫い終わった後、勢いよく上糸下糸を引っ張らず、“そろりそろり”と引き出す

この2点を、教室で確認し、家庭科室へ向かいました。

家庭科室では、先週にゴールしている友達がサポートしてくれるので、心強い限りです。
「そこそこ、返し縫い!」や「まち針で押さえる!」など、的確にアドバイスを入れてくれます。教師も大助かりでした。

“仮縫い”をていねいにやっておくことで、ミシン縫いはさらにスムーズに運び、作業後に“しつけ糸”を抜き取るのが、気持ちよいのです。
昼休みにも続きを行い、夏休み明けには、ピケット付けやアイロンでのアップリケなど、工夫の時間が待っています。ポケットの形や大きさ、位置など、工夫ポイント満載です。

 


TOPへ