文教タイムズ

学年だより6年

10/9金【戦国時代】

【社会】

模擬テストに向けて、先週は明治時代以降の学習を進めていましたが、今日から戦国時代の学習にもどりました。今日は、「豊臣秀吉」に焦点を当てて、天下統一までの流れ、検地や刀狩りなどの政策などを学習しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数「場合の数」】

6年生教室の算数では、「場合の数」を進めています。昨日に続いて、「並べ方」の学習で、今日は何通りかだけを求めるのではなく、樹形図を書いて、全ての並べ方を確認しました。

次のページの復習の練習問題にも、熱心に取り組んでいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体育「集団行動に向けて」】

午後からの体育は、「集団行動」に向けて、片手バランス、ブリッジ、V字バランスなど個人で出来る動きに取り組みました。

後半は、週末に行う球技大会のチームで、ドッジボールを楽しみました。

6時間目の読書タイムは、読書以外に、自分の学習を進める6年生も見られました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「♪カノン・個人練習の目当て」】

「♪カノン」のそれぞれのパート練習を終え、今日は、自分の担当を決めて個人練習する時間を過ごしました。

リコーダーパート(その中の1,2も分かれます)、鍵ハモの伴奏パート(分散の和音)のメロディを確かめる練習をした後に、自分が担当したいパートの申告を行いました。
ロイロノートに、「その担当を選んだ理由」と「個人練習の目当て」を打ち込んでもらいます。

「[イ]の音符が細かくなるところで、テンポを上げないように練習したい」
「リコーダーを強く吹きすぎず、きれいな音色で完璧に吹けるようにしたい」
「楽譜を見ないで吹けるようになりたい」
など、ロイロノートの“提出箱”に、6年生のやる気が続々と届きました。

多くは、リコーダーパートを選んでいるので、来週の完成に向けて、伴奏を担う”鍵ハモを絶賛募集しようと考えています。

 


TOPへ