文教タイムズ

学年だより6年

10/21水【ボランティア活動について】

【月かげ】

例年、この時期に開催される月かげ祭バザーでは、高学年はボランティア活動に取り組みますが、今年度は中止になったので、恒例のボランティア活動もできなくなりました。

今日の月かげでは、そのボランティア活動について考えました。ボランティアの清掃活動に取り組んでいる人との交流をきっかけに、真剣に活動に取り組むことになった主人公の気持ちの変化を考えていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語「日本文化を発信しよう」】

国語は「日本文化を発信しよう」のパンフレット作りです。今日も、インターネットで自分の関心のある日本文化について調べ、パンフレットの構成やページの割り付けなどを、国語ノートにまとめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

算数は、一斉にカラーテストを実施。

前期のまとめテストです。計算問題を毎日取り組んでいて、計算力は向上しているで、カラーテストに出ていた分数の計算は、ミスなく解くことができていることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「ジャズのスウィングで!」】

音楽室での歌唱から始めました。声量が弱くなりがちなので、一人一人の意識を高く持ってほしいと話しました。

二部に分かれる音も、確実に取れています。スイッチを入れる気持ちで取り組んでくれるよう、熱く働きかけを続けます。

今日から、“スウィング”を生かした合奏の練習を始めます。ジャズナンバーの「L・O・V・E」や「ス・ワンダフル」の曲を鑑賞するところを出合いとして、リコーダー奏の活動を行いました。鍵ハモとの合奏に限定されるので、選んだ曲は「ス・ワンダフル」。“スウィング”“スウィング”で、楽しく演奏していきたいです。

**********************

【理科】

1「地層のでき方」の振り返りからスタートです。
始めに、地層が「しま模様」に見える理由を確かめました。
地層のでき方は、大きく2つあります。一つは「流水の働き」によって、地層ができる。この場合は、通常、海底にできます。海底にできた地層が陸上で見られるのは、地面は長い時間の間に「隆起」や「沈降」を繰り返しているためです。
もう一つは「火山の噴火」によって地層ができる。火山噴出物のレキには、流水の働きでできたレキとは異なる特徴があります。

2.次に「火山の噴火」について関連するNHKビデオ動画を視聴しました。
①「地形を変える火山活動」2:22
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005301136_00000
②「降り積もる火山灰」1:13
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005400304_00000
③「ふん火の起こるしくみ」0:59
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005400311_00000
④「キラウェア火山」1:02
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005400306_00000
⑤「世界のいろいろな火山」2:04
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005301139_00000

3.次に教科書135ページの「火山灰を調べる」を読み、その通りに「火山灰」の観察をしました。用意したのは「有珠山」の火山灰です。
観察の前に、有珠山の補足をしました。有珠山は北海道にある火山で、何度も噴火を繰り返し、直近は2000年3月31日です。また、日本は世界有数の火山国であり、火山列島とも言われています。
火山の噴火によってできた地層は、含まれている石に特徴があります。河原の石とは違い、ごつごつした形で表面もざらざらのものが多いのです。
次に、ビデオで視聴した「噴火の起こる仕組み」を図に書いて整理しました。「地球内部のマントル運動」「プレートの移動」「プレートのぶつかる付近でマグマだまりができる」「マグマが限界までたまると噴火することがある」「噴火して流れ出たものを溶岩という」……等です。

 


TOPへ