文教タイムズ

学年だより6年

10/22木【調べ学習】

【国語「日本文化を発信しよう」】

タブレットを使って、2時間続きで調べ学習に取り組みました。1校時は、国語の「日本文化を発信しよう」のパンフレット作り。

今日は、パンフレットに必要な写真や絵図をプリントアウトしました。それぞれのページをどんな内容にするか考え、ページの割り付けの下書きも国語ノートに書きました。

来週から、調べたことを活かして、いよいよパンフレットを仕上げていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【社会「調べ学習」】

2時間目も、インターネットでの調べ学習です。社会科で、今まで学習してきた歴史上の人物の逸話を調べました。「あの有名人の意外な一面?」を社会ノートにまとめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

6年教室の算数は、文教中学校の過去問にチャレンジ。

計算問題を含む最初の9問を確実に解くことを目標に取り組んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体育】

雨のため、体育館で、集団行動の基本の動きをくり返し行いました。徐々にみんなの動きがピタッと合ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【理科】

1.スタートは「燃焼単元の単語テスト15問」をしました。
以下の言葉が「解答」になるという問題です。
21%、窒素、78%、助燃性、二酸化炭素、地球温暖化、燃えるモノ、酸素、発火点
過酸化水素水、二酸化マンガン、塩酸、石灰岩、水素、気体検知管

2.次に、地層で見られる「岩石」について説明しました。岩石の種類は、そのでき方によって、2つに分けられます。【堆積岩】と【火成岩】です。それぞれ岩石標本を見てもらいました。ただ、一度や二度ほど見たことで覚えられるとは思えません。難しいです。
最初に【堆積岩】について説明しました。教科書に出てくるのは「礫岩」「砂岩」「泥岩」の3つです。それに「石灰岩」「凝灰岩」「チャート」を加えて説明しました。

次に【火成岩】について説明しました。教科書には載っていません。【火成岩】はマグマが冷えてできた岩石ですが、その冷え方によって「火山岩」と「深成岩」のグループに分けられます。「火山岩」の中では「安山岩」と「玄武岩」、そして「深成岩」の中では「花崗岩」と「流紋岩」を説明して見てもらいました。

3.続いて「変形する地層」について説明しました。
地層は、ほとんどが水平に積もってできます。それが、多くの場所で水平ではない地層が見られます。これはプレート移動による地殻変動によって起こるものです。曲がった地層を「褶曲」、途中でズレた地層を「断層」といいます。

4.最後に、「褶曲」「断層」について関連するNHKビデオ動画を視聴しました。
①.「曲がった地層/神奈川県・城ケ島」1:15
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005400209_00000
②.「地層のずれ・断層」1:25
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005400370_00000

 


TOPへ