文教タイムズ

学年だより6年

11/2月【「学びの力」の発表に向けて】

【学級活動】

1時間目、学級活動の時間は、出来上がった「学びと力」の台本をみんなに見てもらい、この内容で良いかを考えました。
みんなの助言に加えて、さらに、今日、調べた内容も付け足して台本が完成します。役割分担や発表の仕方なども考えて、「学びと力」の発表に向けて、準備を進めていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語「日本文化を発信しよう」】

国語の「日本文化を発信しよう」のパンフレット作りは、今日で完成と思っていたのですが、丁寧に仕上げているので、まだ時間がかかりそうです。

次の国語の時間も引き続き、パンフレット作りに取り組むことになりました。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

6年生教室の算数は、文教中学校・過去問の解説です。一度取り組んだ和差算の問題が出てきました。以前に学習したことを思い出して、自分の力で解くことができた6年生もいました。一つ一つの積み重ねが大切です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【社会】

社会は「学びと力」の取り組みで、好きな戦国武将とその理由、歴史人物の意外な情報を調べました。6年生が好きな戦国武将のランキングが決まりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【図画工作「わたしの大切な風景」】

造形室では淡彩画のような、絵の具の使い方が少しブームになりました。

運動場から見た校舎の感じや、カラフルに塗り分けられた総合遊具、静かなギャラリーなど淡く着色した感じが児童の表したい感じと合ったようです。

その一方で、従来の濃さ(?)の水の量でうんていの着色をしたり、絵の具ではなく白のカラーペンで運動場のラインを塗ったりして、くっきりはっきりが自分のイメージに合っているという児童もいます。

この児童はなにやら葉のない木を描いているなあ、と思いながら、

少ししてから、もう一度見てみると、なんと桜が満開でした。

この桜が低学年のときから「お気に入り」なんだそうです。

絵の具の濃さだけでも、児童の多様な好みが「色々」あって興味深いです。

 


TOPへ