文教タイムズ

学年だより6年

11/13金【「集団行動」の動き】

【社会「江戸の社会と文化・学問」】

1時間目の社会は「江戸の社会と文化・学問」の単元に入りました。
今日は、農業の発達についてです。江戸時代の百姓は、備中ぐわ、千歯こきなど様々な農具を改良して、また、荒れ地を耕して、新田を開発していきました。くらしを豊かにするために、農産物の生産を高めていったことを学習しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【「学びと力の発表会」の練習】

「学びと力の発表会」の練習を2時間目に行いました。自分のセリフに、動作や言葉の強弱など工夫を加えて、分かりやすく伝えていくことを目標に頑張っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

今日から平成27年度の文教中学の過去問に取り組んでいます。計算のミスをできる限りなくして、「1」と「2」の設問で全員満点がとれるように練習しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体育「集団行動」】

体育は「集団行動」の動きの練習です。カウントを取って、最後まで通すことができました。動きの順番も分かって、連続した動きがスムーズにできるようになってきました。曲に合わせて、みんなの心を合わせた動きになるように、来週も練習に励みます。

1週間の最後は、読書タイムです。学習を進めている6年生のメンバーが増えてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「雅楽の旋律を味わって」】

約1300年前頃・平安時代から伝わる「雅楽」の学習を行いました。
『越天楽』の始めのフレーズを耳にすると、「あっ下鴨神社の御手洗祭りで聞いたことが…」と、すぐに反応を示してくれました。

管楽器や弦楽器、打楽器など雅楽演奏においても、オーケストラのように担当が配置されていることを知りました。

教科書には、“今様”と題して、歌詞ものっています。『越天楽』の歌詞を音読し、歌う学習も取り入れた後は…

ロイロノートに、知ったことや考えたこと、感じたことを打ち込んでもらいました。
「越天楽という題名があるなんて知らなかった」
「テンポがかなり遅い」
「しちりきがリコーダー、しょうが鍵ハモの音に似ていることがわかった」
「リコーダーや鍵ハモで越天楽を演奏してみたい」
6年生が指摘してくれた内容を生かして、「越天楽」に代表される日本の音楽に注目する学習をもう少し続けます。

 


TOPへ