文教タイムズ

学年だより6年

11/18水【最終練習】

【体育「集団行動」練習】

1時間目は、予定を変更して、運動場で「集団行動」の動きの練習です。曲に合わせて動くことができているので、足踏み・行進・ボックスステップの時に大きく「手を振る」、前を向いて「顔を上げる」ことが、最後の練習での目標でした。
明日は「心を合わせて」動きがそろえられるように頑張りたいです。

~~~~~~~~~~

[「朝日をバックに!」(体育)~教頭先生より~]

ギャラリーを通過中、嵐の軽快な曲が届きました。グラウンドでは、6年生が最後の仕上げを行っていました。

学びSPで披露する集団行動の通し練習です。まぶしい朝日に照らされ、行進する6年生。“ザ・青春”ですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【「集団行動」練習】

「学びと力の発表会」に向けて、体育館での最後の練習に臨みました。セリフや出入りのタイミング、ステージでの立ち位置などが主な練習内容です。

声の大きさ、強弱などを工夫して、自分が担当する内容を分かりやすく伝えることを目標にして、自分の「全力を出し切って」ほしいです。
明日は、「信長」「秀吉」「家康」の知られざる一面を発信します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「越天楽今様風に…」】

「越天楽」に歌詞を付けた「越天楽今様」の学習をしています。先週に届けてくれたロイロノートの初発の印象を、みんなで共有する時間からスタートしました。

雅楽合奏で使われている篳篥(ひちりき)と笙(しょう)の解説を動画から学んだ後は、実際に、自分達が持っている楽器で演奏する時間を過ごしました。
メロディを担当する篳篥は、私たちのリコーダーが担えます。

また、和音を担当する笙は、同じリード楽器の鍵盤ハーモニカが活用できます。
それぞれの練習が始まりました。
ゆる~くタンギングを入れずにリコーダーによるメロディが流れます。息継ぎを替わり合って途切れない和音が鍵ハモの役割です。

最後は担当に分かれて、越天楽今様風に合奏しました。
ひととき“雅(みやび)”な空気が、教室に広がりました。

 


TOPへ