文教タイムズ

学年だより6年

11/24火【「日本文化を発信しよう」鑑賞会】

【「日本文化を発信しよう」」鑑賞会】

1時間目は「日本文化を発信しよう」のパンフレットの鑑賞会を行いました。 友達のパンフレットから、工夫しているところを見つけて、国語ノートに一言感想。

他のパンフレットから学ぶことがたくさんあったようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

算数は、文教中の過去問、後半の問題にチャレンジ。 表の空欄をうめていく問題は、他のデータから分かることを見つけて、当てはまる数を考えます。 簡単には求めることができないので、ねばり強く考えて答えを導きさせたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

体育は、今日からなわとびの学習を進めています。

後ろ跳び、あや跳び、交差跳びなどの課題を、昨年より回数を増やして取り組んでいます。

決められた回数を跳べるように、練習を続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【家庭科「完成!お弁当包み」】

多くの6年生が、『お弁当包み』の完成を迎えることができました。

「残るは、ひも通し部分のみ!」と、ミシンに向かっています。

こちらのテーブルでは、仕上げとなる“ひも通し”を行っています。「仕上げ」のポイントはこのほかにも、“糸の始末”“星形名札付け”の作業が待っています。名札のように付ける“星形フェルト”は、お好みで…と話しています。

仕上がった友達が、上糸が抜けたミシンの“糸通し”を担当してくれています。そのほか、作業の手順やひもの通し方などを、アドバイスし合って、完成までこぎつけることができました。

ご覧ください。『弁当包み』の完成品です!来週は、まとめのテストや、作品製作の取り組みをふり返る時間を過ごします。ゴールがあと少しの人は、休み時間に進める予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【理科】

1.前回、新単元の導入として、実験セットを配布しました。今日から学習内容に入ります。
内容は「私たちの生活と電気」です。私たちの生活に電気は欠かせません。災害時のライフラインとしても学習しています。そこで復習として、発電方法を確認しました。

火力、水力、原子力、風力、太陽光、地熱、揚力、バイオマスなど、いろいろな発電方法があります。その中で、原子力発電は2011年の東北大震災以来、ストップしていましたが、現在は安全性の厳しい検査の後、少しずつ再稼働しています。

火力発電が一番割合が大きいのですが、その燃料は、日本ではほとんど輸入されていて、天然ガス、石炭の割合が多くなり、石油の割合は減っています。

2.発電の具体的な仕組みはNHKビデオ動画を視聴しました。
「いろいろな発電」2:27
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005401591_00000

3.次に、実際に実験キットを使って、自分で発電をする実験をしました。
前回、実験セットを配布し、それぞれのパーツを各自で作ってもらいましたが、その確認をしていませんので、今日は、一人ずつのパーツをチェックしました。組み立てのベースとなるキットの金具が図面通りにセットされているかです。一人ひとりのチェックの間は、セットの発電機とダイオードを使って、蓄電することを練習してもらいました。

 


TOPへ