文教タイムズ

学年だより6年

12/9水【ジレンマ学習・音楽「月影夢・和太鼓奏に向けて1」】

【ジレンマ学習】

1時間目の月かげ学習は、ジレンマ学習に取り組みました。
2つの選択で迷うお話の主人公になったつもりで、自分の判断を下します。
今回は、6年生の最後の「サッカー大会」にキャプテンとして臨む主人公。友達のケガを監督に報告するか否かで迷います。
友達のことや周りの状況などを考えて、「監督に言うか、言わないか」の判断を理由と共に考えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語】

国語は、「漢字学習の秘伝」について。
教科書に載っている「3つの秘伝」(漢字を書き間違わない工夫)をしっかりと覚えて、漢字大会や漢検に生かしてほしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

今日の算数は、一斉授業。
まず、教科書で「図を使って考えよう」を復習しました。
その後、この単元のカラーテストを実施。

事前に行った学習を参考にして、テストの問題が全て解けたことを願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「月影夢・和太鼓奏に向けて1」】

6年生最後の総合学習に位置づけている“月影・夢”の取り組みを始めました。
演目を紹介する時間です。3種類の演目から、2演目を選び、2チームに分かれて2020文教和太鼓を完成することを目指します。
今日は「嵐山太鼓」(京都太鼓センターDVDより)の模範演奏を視聴しました。

視聴後は、この「嵐山太鼓」の印象や感想をタブレット・ロイロノートに打ち込んでもらいました。
「リズムが分かりやすい。音がはっきりしていて響きがいい。打ち手が変わる所が速くてすごい。」
「最初はゆっくり静かに始まって,後から一気に迫力が増していた。」
「最初のバチで太鼓をこする音が、風が吹くときの音に似ている。」
など、上々の印象が届いています。そのほか「龍神太鼓」「豊年太鼓」が待っています。次回は、この3演目を比較し、みんなで目指す作品を決定していきます。


TOPへ