文教タイムズ

学年だより6年

12/14月【明治の新政府】

【学級活動】

1時間目の学級活動は、新型コロナウィルスの話。まず、コロナによる3つの感染についての動画を視聴しました。「病気」「不安」「差別」の感染です。そして、感染しないための行動や感染者に対する思いやりが大切であることも学びました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語】

国語の時間は、新しい単元に入りました。「大切にしたい言葉」です。自分の「座右の銘」を考え、自分の経験に結びつけて文章に表す学習です。「座右の銘」を持っている6年生がほとんどいなかったので、次の時間に、その言葉探しからスタートしようと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

算数は平成30年度の文教中プレテストの解説。後半の問題は、少し難解な問題も含みますが、じっくり考えると分かるはずです。テストの平均点から、表の空欄をうめていく問題は、これまでに何度も取り組んだ問題です。自力で解けそうな問題でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【社会】

社会は、明治の新しい政府に関する学習です。新しい政府が掲げた方針、「版籍奉還」「廃藩置県」「身分制廃止」など、これらの用語と、その言葉の意味もしっかり時代の流れと共に覚えたいです。
今日は、この時代のまとめとして、社会と給食の時間を合わせて「大塩平八郎」「坂本龍馬」「勝海舟」「西郷隆盛・木戸孝允」の「歴史にドキリ」を視聴しました。

 


TOPへ