文教タイムズ

学年だより6年

2/2火【正負の数】

【国語】

国語の「大切にしたい言葉」の単元で、「座右の銘」と自分の経験とを結ぶ付けて、文章に表しています。今日から下書きを始めました。昨日、書いたロイロのカードを見ながら、原稿用紙に向かっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

昨日から、中学校の内容を扱っています。
「正の数」「負の数」「自然数」「絶対値」など、小学校の算数では出てこない用語がたくさん出てくるので、それを覚えるのもたいへんです。今日の学習した内容を理解して、練習問題に意欲的に取り組んでいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体育】

持久走に取り組んでいます。今日はトラック9周を走りました。持久走にも徐々に慣れてきたようで、前半は力をおさえて、後半にペースが上げられるように走っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【家庭科「一食分の献立・分析」】

家族が喜ぶ、調和のとれた一食分の献立作りをしています。
誰のために献立を立てようか?と思案し、教科書や検索機能を使って、メニューを考えます。

主食が、白ご飯とは限定していません。家族の好みや栄養面、予算などを考えて、最適な主食を考えています。

ロイロノートのシンキングツールを使って、整理しやすくまとめることもすすめています。

今日のめあては、自分が立てた献立について、「どのような理由から栄養バランスが○なのか?」「なぜ、この“おかず”を選んだのか?」など、“7つのポイント”に照らして、自己分析することです。

1.栄養バランス 2.いろどり 3.味のバランス 4.家族の好み 5.費用 6.旬の食材  7.家にある食品のポイントが、どのようにクリアしているかを見つめます。
時間内にできた人は、このように自分のシートを教師のタブレットに送信してくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【理科「チャレンジ問題」】

今日は教科書P220-221の「チャレンジ問題」について考えました。

1.はじめに、P220の折れ線グラフについて説明しました。
①.「日本で観測した月毎の平均二酸化炭素濃度」のグラフです。
②.縦軸と横軸の表していることを確認して、
③.このグラフの特徴を考えます。
④.国内の3地点についての観測データです。
⑤.折れ線クラブにずれはありますが、概ね同じような変化をしています。
⑥.全体の傾向は、右肩上がりになっています。
⑦.つまり二酸化炭素濃度が、年々少しずつ増加していることが分かります。
⑧.1年の中での変化は、夏期には濃度が低くなり、冬季は高くなっています。
⑨.この要因は、夏期の方が植物による光合成が大きくなることが考えられます。

2.次にP221の折れ線グラフについて説明しました。
①.「緯度別の二酸化炭素濃度」のグラフです。
②.この6つのグラフから考えられることをノートにまとめました。
③.確認した内容は、北緯のグラフは1年の変動がハッキリしている。
④.南緯のグラフは、1年の変動が小さいことです。
⑤.これは、地球儀を見るとよく分かりますが、大陸が北半球に偏っていることが主な要因です。つまり、大陸の樹木による光合成量に違いが考えられます。
⑥.また、落葉樹と常緑樹による光合成量の違いも関係していると考えられます。
⑦.南半球の海洋では、主に植物プランクトンによって光合成が行われています。これについては、1年の中で光合成量の変動はあまりありません。

3、最後に、残り15分ほどで、「地球温暖化」について自分の考えをノートにまとめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【English [About Canada]】

Today we had a lesson about Paul sensei’s hometown Victoria Canada. We talked about all the amazing animals that live near the city, and some of the problems that they have. We also talked about popular sports and seasonal activities.

 


TOPへ