文教タイムズ

学年だより6年

2/5金【作品鑑賞会】

【発表練習・社会】

1時間目は、今日の作品鑑賞会に向けて準備を行いました。
図工のコメントを再度確認し、時間を計って発表の練習です。

後半は、社会。終戦直後の生活を表した絵を見て気付いたことを話し合いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

中学校の学習を進めている算数です。6年教室では正負の数の「加法・減法」の復習でした。
まだ、計算方法に戸惑っている様子が見られるので、多くの練習問題をすることで、問題に慣れてほしいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【作品鑑賞会】

5・6時間目は、作品鑑賞会でした。

立体作品、平面作品の2作品の中から、発表をする作品を1点決めて、その自分が選んだ作品の工夫した点、苦労した点などを発表していきました。

声がみんなに届かなくて、何人かやり直す場面もありましたが、ほとんどの6年生が分かりやすく自分の思いが伝えていました。

また、友達の発表を受けて、質問や感想を発表することも意欲的に出来ていたと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「タイミングをそろえて!」】

それぞれの和太鼓演奏の形が整いつつあります。今日の目当ては、「タイミングをそろえて!」と提示しました。
「龍神太鼓」は、7組が同じリズムを打ち、少しずつリズムを替え、打つ人も替わり合って表現します。締太鼓の拍打ちに合わせて、互いが息を合わせることが求められます。

こちらは「嵐山太鼓」チームです。AとBのコラボがポイントの演目なので、同じリズムのメンバーと、そして、相手のリズムとも合わせる気持ちが求められます。

“締太鼓”のリードにより、気持ちも引き締めて打つ練習ができました。

腕もよく上がるようになってきました。「龍神」も「嵐山」も、次の動きに移るときの所作も、表現ポイントの一つと捉えて、さらに内容レベルを上げていきたいです。

 

 


TOPへ