文教タイムズ

学年だより6年

2/8月【黙掃除の目標】

【学級活動】

1時間目の学級活動の前半では、先週に実施した作品鑑賞会のふり返りを行いました。コメントを忘れてしまったり、早口になってしまったりするなど、ふり返りを見ると、少し緊張していたことが分かりました。

後半は、今週から始まった黙掃除キャンペーンのクラス目標を考えました。自分の考えた目標をロイロノートで提出して、主な目標を黒板に書きました。

その中から多数決で「掃除場所を分けて、離れて掃除する」という目標が決まりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国語「すてきな明かり」】

国語は「座右の銘」と自分の経験とを結ぶ付けて、文章に表しています。
この文章は、卒業アルバムに載せようと計画しています。

原稿用紙に書いている下書きが終わったメンバーから、清書に入ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【中学数学】

今日も、6年教室では正負の数の「加法・減法」の復習でした。
( )をとって計算することは理解できたようですが、その後の計算に少し迷いがあるようです。
練習あるのみ。たくさんの練習問題にふれて、慣れていくしかありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【社会】

社会は、戦後の新しい日本について。日本国憲法の発布・施行、義務教育など、アメリカの統治下のもと、民主化に向けて歩み出したことを学習しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【図画工作「すてきな明かり」】

作品展がおわり、今日は中断していた「すてきな明かり」の学習です。
ここでは乾電池で灯るLEDライトを光源にして、和紙や材料に光を当て、光の通る感じを味わいながら、表したいことを考える学習です。さっそく光源の大きさを確認しながら、針金で骨組みをつくりはじめました。

前題材でも針金を使ったためか、ねじったり束ねたりする手つきが、とても慣れてきたように感じました。

次回は和紙などの他の材料も使ってつくり進める予定です。

 

 


TOPへ