文教タイムズ

学年だより1年

11/8月【自分の出番に合わせて】

【学級活動】

教室で発表会に向けて練習をしました。

台詞をしっかり大きな声で読むことと、自分が台詞を言う場面になったら、スタンバイして入る、という流れを覚えられるように、動きながら練習しました。

みんなの前で少し緊張も予想していましたが、そんな様子もなく、自分の台詞を一生懸命言っている姿が見られました。
発言するスピード、ハキハキさに気をつけて、明日も繰り返し練習をしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【音楽「すずめがチュン♪」】

「すずめが→チュン、こぶたが→ぶう」のように、生き物と鳴き声(動く様子)を対応させて、歌うことを楽しみました。

7つの種類の生き物が登場しました。そこで、音読の“タケノコ読み”のように、自分が選んだ生き物の時だけ、立ち上がって歌う活動を行いました。

誰が、どこで立ち上がるのかな?というワクワク感と、一人でも歌いましょうというドキドキ感を味わって、歌唱することができました。

仕上げは、舞台に上がって、みんなに聞いてもらう時間を持ちました。

聞いているみんなは「タンタンタン・」や「タンタンタンタン/タンタンタン・」のリズム打ちをして、友達の発表を聞き取ってくれました。

 


TOPへ