文教タイムズ

学年だより2年

5/19水【ドキドキわくわく 和楽器鑑賞会♪】

【放送礼拝】

落ち着いた雰囲気の中、朝の用意を終えて、礼拝の時間を迎えました。

前半は、校長先生から、二十四節気の「小満」や梅雨入りのお話、和楽器演奏会に向けてのお話を聞きました。
後半は、鉄道警察隊の方からのお話です。
駅で困ったことがあった時にどうすればよいか、普段からどのようなことに気をつけておくとよいかなどのお話を聞き、防犯への意識を高める時間を過ごしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【和楽器鑑賞会】

1・2校時は、みんなが楽しみにしていた「和楽器鑑賞会」の時間です。
ドキドキ、わくわくしながら体育館へ向かいました。
和奏ユニット蓮風様による和楽器の迫力ある演奏を聴きました。

また、演奏だけでなく、和楽器がどのようにして作られているのかについてのお話も聞きました。
何からできているのかを考えることを通して、和楽器と動物の命のつながりについても学びました。

最後は、各学年の代表が前に出て、和楽器の演奏を体験しました。
その演奏とみんなの手拍子(三三七拍子)と合わせて、最後まで楽しい時間を過ごすことができました。

その後、3校時のはじめに、鑑賞会の振り返りを書きました。

「和太鼓に動物の皮が使われていることを初めて知りました。」
「音が大きくて、びっくりしたけれど、とても楽しかったです。」
「思っていたよりも大きな音で、迫力があって、びっくりしました。」
「篠笛のきれいな音や、和太鼓の大きな音が聴けて、とってもうれしかったです。」
「色々な太鼓の音が胸に響きました。楽器の名前も分かってよかったです。」

など、楽しかったことや、貴重な時間を過ごせたことが伝わってきました。
また、感想の最後に「また聴きたいです。」と書いている子も多かったです。

蓮風の皆様、すてきな時間をありがとうございました。

 


TOPへ