文教タイムズ

学年だより5年

12/1水【ジレンマ学習でジレンマ状態!?】

木枯らしの舞う、礼拝の朝です。
その分、気持ちを引き締めて仏様と向き合います。

校長先生の講話を受け、5年生のノートに残したふり返りを聞かせてもらうと、「反省は悪い点ばかりを見つめるのではないと知りました」という、発言がありました。

「今の自分をよく見つめ、良い点は伸ばし、惜しい点は改善する」を、改めて考えることができたようです。

*******

【月影・道徳「ジレンマ学習・『マラソン大会』」】

今日は「ジレンマ学習」の時間です。二つの選択肢を前に、“自分ならどちらを選ぶだろう?”と、立場を明らかにし、その理由を考える活動です。
マラソンに自信を持って練習に励む「ちか子」と、体力に自信がなく、運動もあまり経験のない「よしえ」が登場人物となって、お話を展開します。

ロイロノートに自分の立場とその理由を打ち込みます。
「大会の途中で、お腹を押さえるよしえに気づき、トップを走っている自分はどうすべきか?」について
・「そのまま走る」なら、ピンクのシート
・よしえを「待つ」なら、水色シート
と、色別のシートで回答してもらいました。その後、それぞれの立場に座席を移動し、自由発言で進めていきます。

相手の意見をよく聞いて、「そこは違うのでは?」と感じたことを伝えることも取り入れました。
最終意見で、立場を替えた友達がいました。他方の意見を聞いていく中で、じっくりと考えたことでしょう。

これだ!という正解が一つではないジレンマ学習に、みんなジレンマしてくれたことと思います。
週末発行のお便りに、「最終意見」を紹介する予定です。お家の方のご意見も5年生に伝えてくださり、同級生、友達とのつながりについて、話題が広がるとうれしいです。

 


TOPへ