文教タイムズ

学年だより6年

4/12月【1週間の始まりです】

新しい1週間が始まりました。
いよいよ、6年生の学校生活が本格的にスタートです。

*******

【学級活動】

1時間目は、学級活動でした。
全校目標「基本の行いを身に付けよう。」について、6年生の取り組みを学級会で開き、考えました。
議長、副議長、黒板書記、ノート書記の4役を班の担当で進めていくことや、それぞれの役割の仕事、具体的な学級会の進め方などを紹介しながら、学級会を進めていきました。

「無言右側歩行」を守られていないことが分かり、それをなくしていくための取り組みを考えているところでタイムアップ。取り組みを決めるのは、次の学級会に持ち越しとなりました。
積極的に自分の考えが発言できていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【算数】

3時間目の算数は、6年教室と学習室、2つのクラスに分かれて行いました。
6年教室は、玉井先生が担当で「対称な図形」の単元からスタートです。

学習室では「分数の計算」です。来週から始まる宿題に計算問題ができるように、「分数×分数」「分数÷分数」の計算がマスターできるように頑張っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【図工「おもしろ筆」】

6年生の初回の図画工作は、自分だけの筆作りに挑戦です。

売っているような筆をつくるのではなく、木の枝、竹、棉、毛糸などを使って「おもしろい」筆をつくります。

持ちやすさや書き心地、どんな線が書けるのか、つくっては紙に試し書きをし、またつくりかえて、自分のイメージに近づけていきました。

書くことだけを考えるのではなく、筆の見た目にもこだわってつくる姿がありました。

おみくじ付きの筆だそうです。使うのが楽しくなる筆ができました。

来週は、今日つくった筆を使って作品をつくっていきます。

 


TOPへ